ブログ

2014.07.07

子どもの予防歯科は、お母さんの妊娠中から!

子どもの予防歯科を考えるのは、産まれてからではありません。
妊娠に気が付いた時からスタートします。
これを今、「マイナス1歳から始める虫歯予防」と言います。

【妊娠が分かったら】

まずは、つわりが落ち着くのを待ちましょう。
その後、お時間がある時・・・といっても、出産の時は、刻々と近づいていきますから少しでも早めに、くすべ歯科にご来院ください。
妊娠中、特につわりの時はブラッシングケアをお休みしてしまいがちですから、虫歯にもなりやすいのです。
まずは歯科検診を行い、歯のクリーニングを行い、虫歯の治療が必要でしたら妊娠中に治してしまいましょう。

【ママデビューしたら】

自身が持っているミュータンス菌を、大切な赤ちゃんにうつさないためにも、定期的な歯科検診と、歯のクリーニングを行いましょう。
赤ちゃんとの生活は、多忙と寝不足との戦いです。
「歯医者さんなんて、行っていられない!」というお気持ち、分かってます!
でも、歯は大切にしないと、後で後悔するのは自分です。

くすべ歯科は、平日は夜19時半まで診療、土曜日も17時まで診療しておりますので、ご主人やご家族に協力いただいてご来院いただく事もできます。
ママと赤ちゃんでご来院いただいても、個室診療室完備ですので、ベビーカーの赤ちゃんのそばで治療できますし、もちろん!化粧室にはオムツ替えベッドもご用意していますから安心ですよ。

お問い合わせフォーム TEL:0724-93-8001