目立たない入れ歯

入れ歯について

歯を失った時に機能性や審美性を補う方法として、インプラント、入れ歯、ブリッジなどがありますが、中でも最も一般的なのが入れ歯です。

入れ歯には、歯がまったくない状態の時に使用する「総入れ歯と、歯が残っている時に使用する「部分入れ歯とがあり、それぞれで様々な種類の入れ歯が開発されています。

当院では、幅広い種類の入れ歯に対応しておりますので、新しく入れ歯を作る方や、他院作った入れ歯が合わなくて困っている方など、どなたもお気軽にご相談ください。

歯を失ったままにしておくと

歯を失ったままにしておくと、次のようなトラブルが考えられます。
病気や事故などで歯を失った時には、決して放置せずに、すぐに当院までご相談ください。

噛み合わせが乱れる

歯を失ったままにしておくと、隣の歯が倒れ込んできたり、噛み合わせる歯が伸びてきたりして、噛み合わせが乱れることがあります。その結果、入れ歯を作製しようとしても、その前に乱れた噛み合わせを整えなければいけなかったり、部分入れ歯を作製するのが難しくなったり、歯を大きく削らなければいけなかったりする場合があります。

歯ぎしり・食いしばりが強くなる

歯を失ったままにしておき、噛み合わせが乱れた結果、歯ぎしりや食いしばりが強くなることがあります。

全身のバランスが崩れて不定愁訴の原因となる

歯を失ったままにしておき、噛み合わせが乱れた結果、全身のバランスが崩れて頭痛や肩こり、腰痛などの不定愁訴の原因となる場合があります。

消化器官に負担がかかる

歯を失ったままにすることで、食べ物を噛み切ったり、すり潰したりできなくなり、胃や腸などの消化器官に負担がかかったり、消化が悪くなったりする場合があります。

顔が歪んでしまう

歯を失ったままにしておき、噛み合わせが乱れた結果、左右どちらか片方でものを噛むようになり、表情筋や咀嚼筋などの筋肉の厚さが変わって、顔が歪んでしまう場合があります。

合っていない入れ歯を使用し続けていると

入れ歯の見た目が気になる方へ合っていない入れ歯を使用し続けていると、次のようなトラブルが考えられます。
現在、ご使用中の入れ歯が合っていないとお感じであれば、そのまま使用し続けるのではなく、一度お気軽に当院までご相談ください。

→より詳しく知りたい方は、入れ歯サイトもご覧ください。

噛み合わせが乱れる

合っていない入れ歯を使用し続けると、残存歯の噛み合わせが乱れる場合があります。

残存歯に負担がかかる

合っていない入れ歯を使用し続けると、入れ歯がぐらついて支台の歯も揺れてしまい、残存歯に負担がかかる場合があります。
また、残存歯ばかりでものを噛むようになり、負担が増加する場合もあります。

消化器官に負担がかかる

合っていない入れ歯を使用し続けると、きちんとものを噛んだり、すり潰したりできなくなり、胃や腸などの消化器官に負担がかかったり、消化が悪くなったりする場合があります。

顔の張りが失われる・シワが増える

合っていない入れ歯を使用し続けると、噛む筋力が衰えて、お顔の貼りが失われたり、シワが増えたりすることがあります。

老化・認知症のリスクが高まる

噛む行為は脳を活性化させますが、合っていない入れ歯を使用し続けると、しっかりと噛むことができなくなり、脳が委縮して老化を招いたり、認知症のリスクを高めたりすることがあります。

インプラントとの比較

  入れ歯 インプラント
コスト インプラントと比べて、比較的コストを抑えて治療を受けることができる コストがかかる
治療期間 比較的短い期間で治療を終えられる 個人差はあるが、1年以上かかる場合もある
体への負担 インプラントのように手術が必要ないので、体への負担は少ない インプラント体を埋入する手術が必要となる
メンテナンス 入れ歯を外して洗浄液でケアするなどのメンテナンスが必要。また、歯科医院で定期的に入れ歯を調整する必要がある 長期間快適に使用し続けるためには、歯科医院で定期メンテナンスを受ける必要がある
違和感 入れ歯の種類によっては違和感が生じる場合がある 顎の骨に埋め込んで固定するので、違和感がほとんどない

 

入れ歯の見た目が気になる方へ

入れ歯に対して「目立つ」「見た目がよくない」などのネガティブなイメージをお持ちの方も多いかと思います。
保険適用の入れ歯の場合、金属のバネ(クラスプ)を使用して装置を固定するために、金属色が目立ってお口まわりの審美性が損なわれたりすることもありますが、今では様々な種類の入れ歯が開発されており、装着してもほとんど目立たない入れ歯も登場しています。

また、「ものがきちんと噛めない」「喋りにくい」「ぐらついたり、外れたりする」などの装着時の違和感を心配される方もおられるかと思いますが、これまで「入れ歯のデメリット」と考えられていたこれらのトラブルを解消した入れ歯もありますので、一度お気軽にご相談ください。

現在の入れ歯は、従来のイメージよりも快適にお使い頂けるようになっています。

当院の審美性・機能性の高い入れ歯

審美性を重視される方におすすめ

スマートデンチャー

スマートデンチャーとは、クラスプを使用しない入れ歯です。
従来の入れ歯のように金属色が目立つことがないので、まわりの人に入れ歯を装着していることを気づかれる心配もありません。審美性の高さだけでなく、薬事法で認可された素材を使用しているので、安心してお使い頂けます。

また、金属を一切使用していないので、金属アレルギーの心配もありません。
さらに、装着時の違和感が少ない、吸収性もほとんどないため汚れが付着しにくく、臭いの発生も少ないなど、機能性も優れています。

スマートデンチャーの特徴

  • クラスプを使用しないので、審美性が高い
  • 薬事法で認可された素材を使用しているので安心して使用できる
  • 金属アレルギーの心配がない
  • 装着時の違和感が少ない
  • 吸収性がほとんどないため、汚れが付着しにくく、臭いの発生も少ない
Iバークラスプ

お口を開けた時に、クラスプが見えにくい形態となっています。クラスプが唇で隠されるので、入れ歯を気にせずに笑顔を浮かべて頂くことができます。
また、粘膜に均一に力が加わるので、残存歯への負担も軽減されます。「入れ歯が気になって、笑う時についつい手で口元を隠してしまう」という方などにおすすめです。

違和感の少なさを重視される方におすすめ

コンフォートデンチャー

コンフォートデンチャーとは、入れ歯の裏面を弾力性の高い生体用シリコンで覆った入れ歯です。
従来の入れ歯よりも吸着性が高く、入れ歯にありがちな「ぐらつく」「すぐに外れる」といったトラブルを解消してくれるため、食事を美味しく楽しんだり、入れ歯を気にせずに会話を楽しんだり、スポーツを楽しんだりすることができます。
また、弾力性の高いシリコンが、ものを噛んだ時に歯茎などに加わる力を和らげてくれるので、硬いものを噛んだ時でもほとんど痛くありません。強く噛んだ時でも痛みを和らげてくれるので、イカやステーキなどもしっかりと噛みしめられます。
コンフォートを装着することで、従来の入れ歯よりも2倍程度にまで噛む力が回復すると言われています。

コンフォートデンチャーの特徴

  • 吸着性が高いので、ぐらついたり、外れたりすることが少ない
  • 弾力性の高い生体用シリコンが歯茎を保護してくれる
  • 硬いものを噛んだ時でも痛みがほとんどない
  • 弾力性のあるものでもしっかりと噛みしめられる
  • 従来の入れ歯よりも咬合力が約2倍回復する

審美性と機能性の両方を重視される方におすすめ

コーヌスクローネデンチャー

コーヌスクローネデンチャーとは、クラスプを使用せずに、残存歯に付けた内冠と、入れ歯と一体化した外冠を使ったはめ込み式機構の入れ歯です。
内冠に外冠をはめ込むことで、入れ歯を固定します。
適合性が高いため、天然歯同様の噛み心地を得ることができるほか、ぐらついたり、外れたりすることがほとんどない、クラスプを使用しないので審美性が高い、構造がシンプルなので清掃性に優れているなど様々な特徴があります。

コーヌスクローネデンチャーの特徴

  • 適合性が高いので天然歯同様の噛み心地を得ることができる
  • 適合性が高いのでぐらついたり、外れたりすることがほとんどない
  • クラスプを使用しないので審美性が高い
  • 構造がシンプルなので清掃性に優れている

お問い合わせフォーム TEL:0724-93-8001