くすべ歯科のインプラント治療の特徴

お口全体のことを考えた治療を提案します

歯1本ではなく口腔内全体を診て治療します

診察歯を失った部分だけを診てインプラント治療を行っても、その患者様にとって本当に価値のある治療は提供できないと考えています。そのため、岸和田のくすべ歯科では歯1本ではなく、口腔内全体を診て治療させて頂きます。
当院では虫歯や歯周病などの一般歯科治療はもちろんのこと、咬み合わせの治療といったお口全体の調和をはかる治療にも対応しております。お口のトータルケアにより、失った歯を補うだけでなく、口腔内全体のことも考えたトータルケアを提供させて頂きます。

咬み合わせのことも考えてインプラント治療を行います

他院でインプラント治療を受けられた方で、「ものを咬んだ時に違和感がある」「インプラントを入れた部分が痛い」「肩こりや腰痛など体の調子が悪い」などとお困りの方はいらっしゃいませんか?
現在、インプラント治療は多くの歯科医院で行われていますが、なかには咬み合わせのことを考慮せずに治療を行ってしまっているところもあるようです。患者様のお口に最適な咬み合わせが実現できていなかったり、咬み合わせのことを考えずにインプラント治療を行っていたりすると、上記のような不調が現れる恐れがあります。ただインプラントを入れてものが咬めるようになるだけでなく、治療後も快適に生活し続けたいとお考えでしたら、是非、咬み合わせも考慮したインプラント治療をご提供している岸和田のくすべ歯科までご相談ください。

他院で入れたインプラントの調子が悪い方は一度ご相談ください

天然歯と違い、インプラントは時間が経過しても埋入位置から移動しません。そのため、経年的に少しずつ移動したり、すり減ったりする天然歯との咬み合わせにずれが生じてしまう場合があります。この咬み合わせのずれをそのままにしておくと、インプラントに過度な負荷かがかかり、最悪の場合、破損してしまう恐れがあります。
もし今、他院で入れたインプラントの調子が悪いとお困りでしたら、一度当院へご相談ください。咬み合わせも考慮したインプラント治療をご提供している岸和田のくすべ歯科でしたら、不調や違和感の原因を追究してお悩みを解決できるかもしれません。調子の悪いまま使い続けずに、まずはお気軽にご連絡ください。

インプラントを快適に使い続けて頂くために

定期メンテナンスでは咬み合わせもチェックします

噛み合わせインプラント治療後のトラブルとして「インプラント周囲炎」がよく知られていますが、当院の定期メンテナンスではそうしたお口の中の病気だけでなく、咬み合わせもチェックします。お口の中を健康な状態に保つためには、歯垢(プラーク)などの汚れの付着により病気リスクが高まっていないかを確認するとともに、良好な咬み合わせが保てているかどうかも確認する必要があります。
インプラントをいつまでも快適に使い続けて頂くためにも、そしてお口の中の健康を維持するためにも、インプラント治療後はきちんと定期メンテナンスに通うようにしましょう。

一番上に戻る