安全・正確なインプラント治療へのこだわり

最新のインプラント解析診断システムで安全・正確なインプラント治療を実現

最新のインプラント解析診断システム「BioNa(ビオナ)」を導入

岸和田のくすべ歯科では、最新のインプラント解析診断システム「BioNa(ビオナ)」を導入しております。「BioNa(ビオナ)」はCTスキャンから採取した画像データをもとに患者様の顎の骨を3D画像(立体画像)で表示させるためのシステムで、高性能な機能を搭載した国産のインプラントシミュレーターとして注目されています。

3D画像によるシミュレーションで安全性を向上

手術中モニター上での精密な3D画像によるシミュレーションを入念に繰り返すことで、インプラン体(人工歯根)埋入時の安全性が格段に向上し、安心して手術が受けられるようになります。さらに「BioNa(ビオナ)」では顎の骨の量や厚みだけでなく、そのまわりの歯周組織や歯茎内部の状態なども詳細に診断できるので、より高度なインプラント治療も可能となります。3D画像によるシミュレーションを患者様にもご覧頂くことで、インプラント治療や治療計画への理解が深まり、治療に対する不安の軽減にも繋がります。

 シミュレーションデータをもとに「サージカルガイド」を作製

「BioNa(ビオナ)」のシミュレーションデータをもとに、「サージカルガイド」と呼ばれる患者様の歯や顎の骨、歯茎の状態などを正確に反映したテンプレートを作製します。サージカルガイドを使用することで、事前のシミュレーション通りに手術が行えるようになり、より精密でミスのないインプラント治療が可能となります。

インプラント解析診断システム「BioNa(ビオナ)」の特徴

  • 精密な3D画像による入念なシミュレーションで安全な手術を実現
  • 従来は確認できなかった歯周組織や歯茎内部などの状態が詳細に把握できる
  • 患者様のインプラント治療や治療計画に対する理解を深めて、不安の軽減に役立てられる
  • 事前シミュレーション通りに手術が行える「サージカルガイド」を作製

サージカルガイドで正確・短時間・低侵襲な手術を実現

サージカルガイド「BoneNaviSystem(ボーンナビシステム)」を導入

従来のインプラント治療では、歯科医師の技術によって差が生じたり、手術ごとに誤差やブレが生じたりすることがありましたが、「サージカルガイド」と呼ばれるテンプレートを使用することで、手術時の誤差やミスなどを最小限に抑えることが可能となりました。
当院では、インプラント解析診断システム「BioNa(ビオナ)」のシミュレーションデータをもとに「BoneNaviSystem(ボーンナビシステム)」を使用してサージカルガイドを作製し、事前のシミュレーション通りに手術が行えるようにしています。

安全で正確な手術が可能となります

サージカルガイドとは、インプラント体を顎の骨に埋入する時の位置や深度、角度などを正確に導くためのテンプレートです。患者様お一人おひとりのお口に合わせて作製され、インプラント体(人工歯根)を埋入するための穴が開いており、その穴に沿ってドリリングするだけで正確に埋入できるようになります。これを取り付けて手術を行うことで、手術中のドリリングのミスなどを最小限に抑えることができるようになります。さらには手術の安全性の向上だけでなく、手術時間を短縮させることも可能なので、患者様のお体への負担軽減にも繋がります。

侵襲が少ないので術後の痛み・腫れが抑えられます

コンピュータ制御により精密に作製されるサージカルガイドを使用することで、歯茎の切開などの侵襲を少なくすることができるので、手術後の痛みや腫れなどが抑えられます。インプラント治療は手術をともなう治療ですので、できる限り低リスク・低侵襲で行うことが大切であるとの考えから、当院はサージカルガイド「BoneNaviSystem(ボーンナビシステム)」を導入しております。

サージカルガイド「BoneNaviSystem(ボーンナビシステム)」の特徴

  • 事前のシミュレーション通りにインプラント体(人工歯根)が埋入できる
  • 歯科医師の技術に左右されず、手術時の誤差やミスなどを最小限に抑えることが可能
  • 手術時間が短縮可能なので、患者様のお体への負担軽減に繋がる
  • 少ない侵襲で手術できるので、術後の痛み・腫れが抑えられる
一番上に戻る