インプラント治療とは

インプラント治療について

インプラントとは?

カウンセリング失った歯を補う方法には入れ歯やブリッジなどがありますが、これらの方法には「違和感が生じやすい」「硬いものが噛みにくい」「見た目が良くない」などのデメリットもあります。しかし、インプラントなら天然歯同様の噛み心地が得られ、自然な見た目に仕上げることができます。
インプラントとは、歯の欠損部分の顎の骨にインプラント体(人工歯根)を埋入して、これを支えに上部構造(人工歯)を被せて機能性や審美性の回復をはかる方法です。顎の骨に直接埋入するので安定性が高く、硬いものでもしっかりと噛めるようになります。また、入れ歯の場合、顎への刺激が少ないため骨が吸収されてしまうことがありますが、インプラントでは絶えず刺激が加わるので、骨の吸収を防いで安定した咬み合わせを保つことが可能です。さらにブリッジでは支えとなる健康な歯を削らなくてはいけませんが、インプラントではそうした処置は必要ありません。まわりの健康な歯に影響を与えずに治療することができます。

インプラントはこんな方におすすめです

  • 入れ歯が合わなくて困っている方
  • ものをしっかりと噛めるようになりたい方
  • 天然歯同様に食事や会話を楽しみたい方
  • 入れ歯の見た目に抵抗がある方
  • 入れ歯が原因で顔が老けて見える方
  • 健康な歯を削りたくない方
  • 一番奥の歯を失ったが、手前の歯の状態も良くない方

インプラントの治療方法

欠損歯が1本の場合

歯を失った部分にインプラント体(人工歯根)を1本だけ埋入して、機能性や審美性の回復をはかります。歯を失った時にはブリッジを選択するケースが多いのですが、インプラントであればまわりの健康な歯を削らずに治療することができます。ブリッジや入れ歯などの失った歯を補う方法のうち、まわりの健康な歯に影響を与えずに治療できるのはインプラントだけです。

欠損歯が複数本の場合

欠損歯が複数本の場合、入れ歯を選択するのが一般的ですが、残存歯や歯茎などで入れ歯を支えなければいけないため負担がかかります。しかし、インプラントであれば両隣のインプラントで人工歯を支えることができるので、広範囲の部位に対しても安定感のある治療を施すことが可能となります。

歯を全部失った場合

歯を全部失った時、総入れ歯を選択するのが一般的ですが、歯茎で入れ歯を支えることになるので負担が大きいですし、安定性も低いため食事中や会話中にずれたり、外れたりすることもあります。しかし、インプラントでは複数本のインプラント体を埋入して人工歯を固定しますので、ずれたり、外れたりすることなく安定してものを噛むことができるようになります。

一番上に戻る