インプラント治療前に知っておきたいメリット・デメリット

内容をよく理解してから選択するようにしましょう

十分なカウンセリングで納得のいく治療を提供します

カウンセリング歯を失った時、一般的には入れ歯やブリッジなどの治療が行われますが、これらの治療には「不安定なので噛みにくい」「発音しにくいなどの違和感がある」「健康な歯を削らなくてはいけない」などのデメリットがあります。
一方、インプラントは天然歯同様の噛み心地と見た目が得られる優れた治療方法ですが、自費診療ですので費用もかかりますし、外科的処置も必要となります。他の治療方法と同じようにインプラントにもメリット・デメリットがありますので、内容をよく理解してから選択するようにしましょう。岸和田のくすべ歯科では、患者様との十分なカウンセリングにより、納得のいくインプラント治療をご提供しております。

インプラントのメリット・デメリット

インプラントのメリット

天然歯同様の噛み心地が得られる

食事歯を失った時の治療方法にはインプラント以外にも、入れ歯やブリッジなどがありますが、入れ歯では噛む力が天然歯と比べて10~20%程度、ブリッジでは60%程度にまで低下するとされています。しかし、インプラントでは天然歯同様の噛み心地が得られるので、硬いものでもしっかりと噛めて、ストレスなく食事を楽しむことができるようになります。

自然な見た目が得られる

インプラントではクラスプ(金属のバネ)などの金属の固定具を使用しないので、天然歯同様の自然な見た目に仕上げることができます。入れ歯では、「クラスプが気になって人前で笑えない」ということもありましたが、インプラントであればこうした心配はなく、お口まわりの見た目を心配することなく笑顔を浮かべたり、会話を楽しんだりできるようになります。

ぐらつき・外れなどの違和感がない

インプラントは、顎の骨に直接インプラント体(人工歯根)を埋入することで歯を補う治療ですので、入れ歯のようにぐらついたり、外れたりするなどの違和感で困ることはありません。

残った健康な歯を守れる

インプラントは患部のみを治療することができるので、入れ歯やブリッジのように残存歯に負担はかかりません。残った健康な歯を守ることができます。

健康な歯をそのまま残せます

ブリッジの場合、支えとなる両隣の健康な歯を削らなくてはいけませんが、インプラントではそうした処置は必要ありません。お口の中に残った健康な歯をそのまま残すことができます。

快適に会話が楽しめる

入れ歯の場合、発音が不明瞭になるなどの支障をきたすことがありますが、インプラントではそうした発音障害はありません。喋りにくさなどのストレスを感じることなく、快適に会話を楽しむことができます。

美味しく食事が味わえる

入れ歯の場合、味覚が低下したり、食べ物の温度差が感じづらくなって喉を火傷してしまったりすることがありますが、インプラントでは天然歯同様に歯の機能を回復させることできますので、こうしたトラブルなく美味しく食事を味わうことができます。

装置が原因で痛みが発生することがない

入れ歯が歯茎に擦れたり、舌を傷つけたりすると口内炎や義歯性腫瘍などの粘膜疾患ができることがありますが、インプラントではそうしたトラブルが起こることはありません。痛みなどの不快な症状を感じずに快適にお使い頂けます。

顎の骨が痩せにくい

歯を失うと顎の骨は痩せてしまいますが、インプラントでは顎の骨にインプラント体を埋入するので、咀嚼の刺激が伝わって顎の骨の衰退を抑えることができるようになります。

バランス良く噛めるので顔貌が歪みにくい

左右どちらか片方に入れ歯が入っていると、しっかりとものが噛めないため、どうしても反対側の歯列で噛んでしまいがちです。その結果、筋肉のバランスが崩れて顔貌が歪んでしまう場合があります。
しかし、インプラントであれば左右バランス良く噛むことができるので、顔貌が歪むなどのトラブルは起こりにくいと言えます。

お顔の印象が若々しくなる

噛む力が衰えると、張りが失われたり、シワが増えたりしてお顔が年齢よりも老けてみられてしまうことがあります。インプラントでは、天然歯と比べても遜色ないレベルにまで噛む力を回復させることができますので、シワをなくてして張りを甦らせて、お顔の印象を若々しくすることが可能です。

インプラントのデメリット

健康保険が適用されない

インプラントは健康保険が適用されず自費診療となるため、治療費が高額となります。ただし、医療費控除の対象となりますので、確定申告すれば医療費控除を受けることができる場合があります。

手術が必要となる

インプラントでは、インプラント体を顎の骨に埋入するために手術が必要となります。当院では最新のコンピュータシステムで事前にシミュレーションし、正確に埋入できるサージカルガイドを使用することで安心・安全な手術を実現させています。

 3~10ヶ月程度と治療期間が長い

インプラントでは、顎の骨にインプラント体(人工歯根)を埋入する手術が必要となるため、患者様によって異なりますが3~10ヶ月程度と治療期間が長くなります。

全身疾患があると適応とならない場合もある

糖尿病や高血圧などの全身疾患をお持ちだと、手術に危険がともなう恐れがあるため適応とならない場合があります。詳しくは当院までお問い合わせください。

一番上に戻る