痛みが少ない・腫れにくいインプラント治療

痛み・腫れを抑えて患者様の負担を軽減します

痛み・腫れを抑える様々な工夫を凝らしています

歯痛インプラント治療では、欠損部分の顎の骨にインプラント体(人工歯根)を埋入するために歯茎を切開する手術が必要となりますが、その時、痛みや腫れが生じることがあります。岸和田のくすべ歯科では、患者様のお体への負担をできる限り軽減するために、「静脈内鎮静法」による無痛インプラント治療や、サージカルガイドを使用した低侵襲の手術など、痛みや腫れを抑える様々な工夫を凝らしています。
ただし、骨が足りない(薄い)方で骨造成が必要になる場合、通常よりも腫れが生じやすくなりますが、事前にそうしたリスクがあることをご説明し、できる限り腫れを抑えるように努めますのでご安心ください。

痛み・腫れを抑えるための当院の取り組み

静脈内鎮静法による無痛インプラント治療

手術の際には局所麻酔を施しますが、麻酔で痛みは抑えられても意識がはっきりしているため、手術に対する緊張や不安、恐怖を和らげることはできません。当院では患者様にリラックスした状態で手術を受けて頂くために、「静脈内鎮静法」による無痛インプラント治療を行っています。
静脈内鎮静法とは、点滴でお薬を少しずつ入れていき、眠っているのとほとんど同じ状態にする麻酔の方法です。基本的に安全でリスクの極めて少ない方法で、手術中は血圧や脈拍、呼吸などを常に生体情報モニターで監視します。「うとうととしているうちに手術が終わっていた」という快適な手術が可能となり、お口の中を触られる感触や、ドリリングの音や振動などから解放されるようになります。

 静脈内鎮静法の特徴

 

手術に対する緊張・不安・恐怖が和らぐ

歯科医院の治療が苦手な方などは、「顎の骨に人工歯根を埋め込む」と聞くと大変緊張されたり、不安や恐怖を覚えたりするかと思います。しかし、静脈内鎮静法を実施することで、眠っているのとほとんど同じ状態で手術が終えられますので、緊張や不安、恐怖を感じることなくリラックスした状態で手術が受けられるようになります。

血圧・脈拍が安定した状態で手術が受けられる

生体情報モニター静脈内鎮静法を施すことで、眠っているのとほとんど同じ状態で手術が受けられるので、手術に対する緊張や不安、恐怖によって普段よりも血圧や脈拍が高くなるのを抑えることができます。血圧や脈拍が安定すると、脳卒中などのリスクを最小限に抑えることができるため、安全な手術に繋がります。
なお、手術中は常に生体情報モニターで血圧、脈拍、呼吸などを監視して、患者様のお体の異変をチェックしていますので、糖尿病や高血圧などの全身疾患をお持ちの方でも安心して手術が受けられます。

手術時間が短く感じられる

静脈内鎮静法には健忘効果があり、実際は手術時間が1時間程度であったとしても、数分程度にしか感じないため、手術時間が短く感じられて患者様の心理的な負担の軽減に繋がります。

サージカルガイドを使用した低侵襲の手術

安全かつ正確に手術を行うために、当院では「BoneNaviSystem(ボーンナビシステム)」を使用してサージカルガイドを作製しています。サージカルガイドとはインプラント体(人工歯根)の埋入位置や深度、角度などを正確に導くためのテンプレートで、これに従って処置することで歯茎への侵襲を少なくして、術後の痛みや腫れを抑えることができるようになります。

高い技術力・豊富な経験で痛み・腫れを抑えます

インプラント治療にともなう痛みや腫れの生じ方は、歯科医師の技術力や経験によっても変わってきます。当然、高い技術力と豊富な経験を持つ歯科医師が治療した方が痛みや腫れは発生しにくいと言えます。特に、骨造成などの専門的な治療が必要になる場合や、インプラント体(人工歯根)の埋入本数が多い場合などには、外科的侵襲が大きくなるため信頼できる歯科医院で治療を受けられることが重要となります。
岸和田のくすべ歯科では、豊富な経験・実績に裏打ちされた高い技術力を持つ歯科医師が治療を行って、痛みや腫れの少ない快適な手術を提供させて頂きます。

一番上に戻る