豊富な経験によるレベルの高いインプラント治療

どの歯科医院でインプラント治療を受けようかお悩みの方へ

経験豊富なドクターがいる歯科医院を選びましょう

手術風景歯茎を切開してインプラント体(人工歯根)を埋入する手術が必要となるインプラント治療は、他の治療以上に歯科医師の経験と技術が問われる治療であると言えます。今、どの歯科医院でインプラント治療を受けようかお悩みの方は、豊富な経験と、それに裏打ちされた高い技術力を持つドクターがいる歯科医院で受けられることをおすすめします。
経験・実績が豊富で、技術力が高いドクターであれば、安心・安全にインプラント治療が行えるだけでなく、治療後、何かトラブルが起きた時でも適切にリカバリーすることができます。「インプラント治療はどこで受けても同じ」ではありません。信頼できるドクターのもとで治療を受けたいとお考えでしたら、是非、インプラント治療の経験が豊富で、レベルの高い治療をご提供している岸和田のくすべ歯科までご連絡ください。

「豊富な経験」+「充実した設備」が当院の強みです

高品質なインプラントを採用

高いレベルでのインプラント治療を提供する上で大切なのは、ドクターの経験や技術力だけではありません。高品質な製品や最新の設備が充実しているかどうかも重要となります。当院では、国内シェアトップである京セラデンタルネットの「POIインプラント」のほか、顎の骨との結合性に優れたジンマーの「スプラインインプラント」を採用しています。

歯科用CTによる的確な診断

当院では歯科用CTを導入しており、それを使ってインプラント治療前に精密な検査を行うことで、患者様のお口の中を詳細に確認しています。歯科用CTの3D画像(立体画像)は精密な診査・診断にとても有効で、レントゲンによる2次元の画像だけでは確認できない部分も詳しくチェックすることができます。

最新のインプラント解析診断システムによるシミュレーション

より安全なインプラント治療を実現させるために、当院では最新のインプラント解析診断ソフト「BioNa(ビオナ)」を導入しています。CTスキャンから取得した画像データをもとに患者様の顎の骨の3D画像(立体画像)を表示させることで、インプラント体(人工歯根)を埋入する時の位置や深さ、角度などがシミュレーションできるようになり、確実な手術の実現に繋がります。

サージカルガイドを使った安全で正確な埋入

サージカルガイドとは、インプラント解析診断ソフトによる事前のシミュレーションを行った後、これをもとに作製されるテンプレートのことです。これを使うことで安全かつ正確にインプラント体(人工歯根)が埋入できるようになるだけでなく、侵襲の少ない手術が可能となり、術後の痛みや腫れを抑えたり、手術時間を短縮したりすることができるようになります。

一番上に戻る