目立たない入れ歯

スマートデンチャー

クラスプがない・歯茎と同化するから目立たない

クラスプがない・歯茎と同化するから目立たないスマートデンチャーとは、金属のバネ(クラスプ)の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支える部分入れ歯です。クラスプがないため、従来の部分入れ歯のように装置が目立つ心配がありません。

また、半透明な素材なので歯茎の色と同化するため、入れ歯装着時にもお口まわりを自然に見せることができます。さらに従来の部分入れ歯よりも薄くて軽いので少ない違和感で快適にお使い頂けます。スマートデンチャーでは金属を一切使用していないため、金属アレルギーの方でも安心して装着することができます。

スマートデンチャーの特徴

クラスプがないので目立ちにくい審美性が高い

スマートデンチャーには、普通の入れ歯にように金属のバネ(クラスプ)がないので、装置が目立つ心配がありません。まわりの人に気づかれずに入れ歯を装着することが可能です。

歯茎と同化するので審美性が高い

スマートデンチャーの素材は半透明なので、歯茎の色と同化するため、装着時にもお口まわりを自然に見せることができます。

薄くて軽いので違和感が少ない

スマートデンチャーは、従来の部分入れ歯よりも薄くて軽いので、少ない違和感で快適にお使い頂けます。

汚れ・臭いの発生が少ない

スマートデンチャーで使用されている素材は吸収性がほとんどないため、汚れたり、嫌な臭いが発生したりすることがあまりありません。

金属アレルギーの心配がない

スマートデンチャーは金属を一切使用しないので、金属アレルギーの心配がありません。金属アレルギーの方でも安心して装着して頂けます。

スマートデンチャーと普通の入れ歯の比較

入れ歯の種類 審美性 違和感 臭い 金属アレルギー
スマートデンチャー クラスプがないので審美性が高い 薄くて軽い装置なので違和感が少ない 吸収性がないので臭いが発生することが少ない 金属アレルギーの心配がない
普通の入れ歯 クラスプの金属色が目立って、審美性が損なわれることがある 違和感が生じることがある 汚れが付着しやすいので臭いが発生することがある 金属アレルギーの原因となることがある

Iバークラスプ

口を開けても目立ちません

「Iバークラスプ」とは、入れ歯で使用される金属のバネ(クラスプ)の一種で、お口を開けても金属部分があまり見えないように工夫されています。クラスプが唇によって隠れるので、まわりの目を気にせずに笑って頂くことができます。さらにIバークラスプは粘膜に均一に力がかかるので、残っている歯の負担軽減にも繋がります。前歯の入れ歯を装着する時などに、大きなバネが目立つことが心配な方などにおすすめです。

Iバークラスプの特徴

口を開けても金属部分が目立たないように工夫されている
クラスプが唇によって隠れるので目立たない
粘膜に均一に力がかかるので、残っている歯の負担軽減に繋がる

Iバークラスプと普通のクラスプの比較

クラスプの種類 目立ちにくさ 装着感 残存歯への負担
Iバークラスプ 金属部分が目立たないように工夫されている 普通のクラスプよりも装着感は良いとされている 粘膜に均一に力がかかるので負担が少ない
普通のクラスプ 金属部分が目立って審美性が損なわれる場合がある 違和感を覚えることがある 残存歯に負担がかかる場合がある

コーヌスクローネデンチャー

クラスプがないから装着していることがわかりにくい

コーヌスクローネデンチャーとは、金属のバネ(クラスプ)を使用せずに、二重構造で作製された冠を使ったはめ込み式の入れ歯です。残っている歯に内冠を付け、そこに入れ歯の外冠をはめ込むことで固定します。機構が茶筒の構造に似ていることから、「茶筒式義歯」と呼ばれることもあります。コーヌスクローネデンチャーにはクラスプがないため、まわりの人に入れ歯を装着していることを気づかれにくいという特徴があります。

また、適合性が高く、ほとんど揺れないため、普通の入れ歯よりもしっかりとものを噛むことができます。天然歯と同様の噛み心地を得ることも可能です。そして、構造が非常にシンプルなのでケアが行いやすいため、残存歯の病気予防もはかることができます。

コーヌスクローネデンチャーの特徴

クラスプがないから目立たない

コーヌスクローネデンチャーにはクラスプがないので、装置が目立ちにくくなっています。コーヌスクローネデンチャーは機能性も非常に高いのですが、この審美性の高さも大きな特徴の1つです。

しっかりとものを噛むことができる

コーヌスクローネデンチャーは適合性が高く、ほとんど揺れないため、普通の入れ歯よりもしっかりとものを噛むことができます。天然歯と同様の噛み心地を得ることも可能です。

残存歯に問題が生じても比較的対応可能

万が一、残存歯に問題が生じても、コーヌスクローネデンチャーを修理することで対応できる場合があります。

清掃性が優れている

コーヌスクローネデンチャーの構造は非常にシンプルなので、ケアが行いやすく、残存歯の病気予防をはかることができます。

コーヌスクローネデンチャーとインプラントの比較

治療方法 手術 治療期間 清掃性
コーヌスクローネデンチャー 必要ない 1~2ヶ月程度と短い 清掃性が優れている
インプラント 手術が必要 最低でも半年以上かかる 清掃しにくい場合がある

 

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ
くすべ歯科オフィシャルサイト 予防歯科専門サイト インプラント専門サイト 入れ歯専門サイト