メタルフリー(金属を使わない)治療

  • ホーム > 
  • メタルフリー(金属を使わない)治療

身体に優しいメタルフリー治療

メタルフリー治療とは

笑顔保険治療で歯を削った時、主に金銀パラジウム合金を使用して作成する銀歯を入れることが多いのですが、こうした金属の歯科材料には金属アレルギーの原因となるリスクがあります。
長期間お口の中で使用することで劣化し、溶け出した金属が体内に蓄積されることで様々なアレルギー症状を引き起こすことになります。そのほか、見た目が良くないことや、虫歯の再発(二次カリエス)リスクが高いなどの問題もあります。
現在、世界的には金属の歯科材料を使用しない治療「メタルフリー治療」が主流となっています。
メタルフリー治療とは、銀歯などの歯科材料を、生体親和性に優れたセラミックなどの材料に取り替える治療です。岸和田のくすべ歯科でも、このメタルフリー治療に力を入れて取り組んでいます。
メタルフリー治療は「お体に優しい安全な治療」です。お口の中に銀歯があって「金属アレルギーが心配」という方などは、是非お気軽に当院までご相談ください。

歯科治療で使用する金属の種類

 金銀パラジウム合金

銀歯の補綴物(詰め物・被せ物)を作製する時に使用される金属です。現在、保険治療では主にこれが使用されています。医療先進国ドイツでは、パラジウムを含まない金属を使用しない治療(パラジウムフリー治療)が推奨されています。

アマルガム

以前は補綴物や歯の土台(コア)などに使用されており、1970年代に虫歯治療を受けた方には特に多く使用されているとされています。現在ではほとんど使用されておらず、スウェーデンやイギリスなどでは使用することが禁止されています。

 ニッケルクロム合金

現在は使用が制限されているため、あまり見かけることはありませんが、金銀パラジウム合金よりも金属アレルギーになりやすい金属だとされています。

銀合金

歯の土台などに使用される金属で、強度は弱く、金属が溶出して歯茎の黒ずみの原因となることがあります。銀ではなく、他の含まれている金属がアレルギーの原因になりやすいとされています。

お口の中に金属があると…

 アレルギー症状の原因となる場合があります

アレルギーお口の中に金属があると、アレルギー症状の原因となる場合があります。保険治療で使用が認められている金銀パラジウム合金などの金属が溶けて体内に蓄積されることで、痒みやかぶれなどのアレルギー症状のほか、口内炎、粘膜のただれ、舌炎、味覚異常などのお口のトラブルや、頭痛、肩こり、めまい、手足の水泡など全身でトラブルが起こる恐れがあります。

これらの症状に心あたりがあり、皮膚科などで治療を受けても改善されないという方などは、お口の中の金属に原因かもしれませんので、一度お気軽に当院までご相談ください。

歯茎の黒ずみの原因となる場合があります

お口の中の金属が溶け出して、歯茎を黒ずませてしまう場合があります。銀歯などの保険治療で使用する金属はもちろんのこと、硬質レジン前装冠などの内側に金属を使用している補綴物でも、同様のトラブルが起こる恐れがあります。

歯茎が痩せて金属芯が露出することもあります

内側に金属を使用している補綴物の場合、表面は白くてきれいでも、加齢や歯周病などが原因で歯茎が痩せてきてしまうと、金属芯が露出して審美性を損なう場合があります。こうして歯と歯茎の間に見える黒い筋のことを、「ブラックマージン」と言います。

当院のメタルフリー治療

セラミックインレー

生体親和性に優れたセラミックのみで作製した詰め物です。金属を一切使用していないので、金属アレルギーの原因となることはありません。また、銀歯よりも細かく調整できるので歯との適合性が高く、虫歯の再発(二次カリエス)を防ぐことが可能となります。

セラミッククラウン

生体親和性に優れたセラミックのみで作製した被せ物です。金属を一切使用していないので、金属アレルギーの原因となることはありません。また、加齢や病気などが原因で歯茎が下がってしまった場合でも、金属芯が露出する心配はありません。

セラミックブリッジ

ブリッジとは、歯の欠損部分のまわりの歯を削り、それを支えとして連なる人工歯を橋渡しする治療です。このブリッジの人工歯にオールセラミックを使用することで、金属アレルギーの心配がない安心・安全な治療が可能となります。
耐久性が求められるブリッジでは、人工ダイヤモンドにも用いられる「ジルコニア」というオールセラミックを使用します。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、患部にレジン(歯科用プラスチック)を充填することで、歯の形や色を改善したり、歯と歯の間の隙間を埋めたりする治療です。銀歯などの金属の詰め物をこの方法で取り替えることで、金属アレルギーを改善したり、予防したりすることが可能となります。

ファイバーコア

ファイバーコアとは、金属ではなくグラスファイバーを使用した歯の土台(コア)のことです。金属を使用していないので、金属アレルギーの原因とはなりませんし、歯茎の黒ずみも起こりません。また、セラミッククラウンを入れた時でも、金属色が透けて見えるようなことがないので、高い審美性を実現させることができます。

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ