入れ歯でお困りではありませんか?

入れ歯が合わない・噛めないとお困りの方へ

入れ歯は手軽な方法ですがデメリットもあります

歯痛入れ歯は幅広い症例に対応することができ、種類によっては保険適用となるため、歯を失った時に選ばれることの多い治療方法です。しかし、安定感の悪い入れ歯だとぐらついたり、外れたりするほか、噛む力が弱いので硬いものがしっかりと噛めなかったりすることがあります。また、保険の入れ歯の場合、クラスプ(金属のバネ)を使って固定するので、お口まわりの審美性が損なわれてしまうことがあります。さらには、作製したばかりの時にはお口にぴったりと合っていても、使い続けているうちに歯茎が痩せて合わなくなって痛みやがたつきなどの違和感が生じるようになることもあります。

入れ歯でお悩みならインプラントがおすすめです

「入れ歯が合わない」「硬いものがしっかりと噛めない」などとお悩みであれば、一度インプラントを検討してみてはいかがでしょうか?インプラントであれば天然歯と比べても遜色のないレベルにまで噛む力を回復させることが可能ですし、クラスプ(金属のバネ)を使用しないので見た目もとても自然で審美的です。また、他の歯の影響を与えずに治療できるので、残りの健康な歯を守ることができます。

そのほか、インプラントには入れ歯にはない様々なメリットがありますので、入れ歯でお悩みの方はお気軽に岸和田のくすべ歯科までご相談ください。お口の中を詳しく診させて頂いて、インプラント治療が最適かどうか適切に診断させて頂きます。

インプラントの特徴

  • 硬いものでもしっかりと噛める
  • 見た目が自然で美しい
  • がたついたり、外れたりすることがない
  • 痛みや発音障害、異物感などの違和感がない
  • 健康な残存歯に負担がかからない
  • 装置を気にせずに会話が楽しめる
  • 口元の見た目を気にせずに笑える
  • 歯があった頃と同じように食事が楽しめる
  • 顎の骨が痩せにくい

入れ歯でよくあるトラブル

お口の中のトラブル

健康な残存歯に負担がかかる

違和感部分入れ歯の場合、隣在歯にクラスプ(金属のバネ)を掛けて固定するため、健康な残存歯に負担がかかり歯を失う原因となることがあります。

 きちんとケアしないと口腔内が不潔になる

入れ歯と歯茎の隙間や、クラスプ(金属のバネ)に食べかすが溜まりやすいため、きちんとケアしないとお口の中が不潔な状態になってしまいます。

口臭の原因となる

入れ歯は汚れが付着しやすいので、きちんとケアしないと口臭の原因となることがあります。

見た目のトラブル

金属の固定具が目立つ

保険の入れ歯の場合、クラスプ(金属のバネ)で固定するため、金属色が目立って口元の審美性が損なわれてしまうことがあります。

まわりの人に気づかれやすい

保険の入れ歯の場合、クラスプ(金属のバネ)で固定するため、金属色が目立ってまわりの人に入れ歯を入れていることが気づかれやすいと言えます。

食事の時のトラブル

硬いものがしっかりと噛めない

安定感の悪い入れ歯だと、硬いものや粘着性のあるものなどがしっかりと噛めなくなることがあります。

味覚が低下して食事が楽しめなくなる

入れ歯を装着すると歯茎が覆われてしまうため、味覚が低下して食事が楽しめなくなる場合があります。

喉を火傷するなどのトラブルが起こりやすい

入れ歯を装着すると食べ物の温度差が感じづらくなるため、熱いものを飲む時などには注意しないと喉を火傷してしまう恐れがあります。

食事中に外れてしまう

入れ歯が不安定だと食事中にずれたり、外れたりすることがあります。

会話の時のトラブル

発音が不明瞭になる

入れ歯が合っていないと、発音が不明瞭になって上手く喋れなくなることがあります。

会話中に外れてしまう

入れ歯が不安定だと会話中にずれたり、外れたりすることがあります。

一番上に戻る