医院紹介

医院概要

医院名 医療法人仁音会 くすべ歯科
院長 楠部 雅史(くすべ・まさし) ※院長紹介はこちら
住所 〒596-0827 大阪府岸和田市上松町455-1
電話番号 072-493-8001
最寄り駅 JR阪和線「東岸和田駅」
駐車場 10台

診療時間

診療時間 
9:30~13:00
15:00~19:30

△…土曜午後は17:00まで
受付時間は診療が終わる30分前までとなっておりますのでご注意下さい。
(午前:12時30分まで/午後:19時まで/土曜午後:16時30分まで)

休診日

木曜、日曜、祝日

JR阪和線「東岸和田駅」下車。
国道26号線「別所東2号」の交差点を南へ、まっすぐ。
JR阪和線の踏切・「上松町南」の交差点・岸和田消防署を越えれば右側にございます。
敷地内に駐車場(10台)もありますので、お車でもお気軽にご来院頂けます。

院内紹介

受付

受付当院の受付です。診療のご予約などもお承り致します。

待合室

待合室明るい光の差し込む広々とした待合室です。
診療の時間が来るまでリラックスしてお待ちください。

診察室

診察室白を基調とした清潔な診察室です。
チェアごとにパーテーションで仕切られているので、他の患者様の目を気にせずに治療を受けて頂けます。

個室診療室

個室診療室完全個室の診療室です。こちらではインプラント手術を行います。
完全滅菌の個室で安心・安全な手術を実施します。

カウンセリングルーム

カウンセリングルームカウンセリングルームでは、患者様のお口の中のお悩みなどを丁寧に詳しくおうかがいします。
何か気になることがございましたら、何でもお気軽にご質問ください。

キッズルーム

キッズルーム小さなお子様連れの方にも快適に通院して頂くために、待合室にキッズルームを設置しています。

完全バリアフリー

完全バリアフリーお体が不自由な方や、車椅子・ベビーカーの方にも安心して通院して頂けるように、完全バリアフリー設計となっています。

駐車場(10台完備)

当院にお越し頂く患者様がお車ご来院頂く方々が多いので、広々して停めやすい駐車場を10台完備しております。

設備紹介

セレックシステム

セレックシステムは、コンピュータ制御にて、セラミックを最短1回の通院で作製することを可能にします。

本来は技工所にて作製する為、2週間ほどのお時間がかかっておりましたが、当院の院内で作るので、料金もリーズナブルな金額です。
また、その他の特徴として品質の高いセラミックが提供可能な為、審美性も高く、変色も少ない・虫歯になりにくい・外れにくい為、長期間使用が可能です。

さらに金属アレルギーの心配もありませんので、安心して治療を受けて頂けます。

歯科用CT(3D・パノラマX線装置)

歯科用CTは、レントゲンだけでは診断が難しいとする骨の厚みや密度なども確認することができ、正確かつ精度の高い診断を可能にする為、より安全な治療を受けて頂くことを可能とします。

インプラントなどの治療・手術を受ける際は、CTを導入している歯医者で受けるようにしましょう。

Erwin AdvErL Evo(レーザー機器)

Erwin AdvErL Evoは、「Er:YAGレーザー」という種類の最新の歯科用レーザーです。

虫歯、歯周病、知覚過敏、口内炎などの様々な病気に対して、少ない痛みで歯に優しく治療することが可能です。そのほか、治癒が早いという特徴もあります。。

デンタルレントゲンシステム

患者様の負担軽減と確実な診断、安全・安心の治療をご提供するために、歯科用CT(3D・パノラマX腺装置)を完備しています。

歯科用CT「べラビューエポックス3Df」は、従来よりも少ないX線照射線量で鮮明な画像の撮影、CTによる3D画像撮影などが行えるパノラマX線装置です。

根管治療歯周病治療インプラントなど様々な症例に応じた撮影機能が搭載されており、歯周から歯根膜空隙、歯槽骨の状態などの観察が可能です。

口腔内カメラ

肉眼では見えにくい奥歯や歯の裏側などを確認することができるほか、撮影した画像を患者様と一緒に見て、治療経過を確認することもできます。
患者様にご自身のお口の中の現状をご説明したり、治療後のお口の中をご確認頂いたりする時などに活用しています。

口腔外バキューム

歯の削りかす、血液、細菌などの治療時の粉塵をすばやく吸引して、治療空間を清潔に保ち院内感染を防止します。

院内滅菌対策

当院は「滅菌消毒をきちんと行っている歯科医院」です

治療岸和田・上松町の歯科・歯医者のくすべ歯科は、「滅菌消毒をきちんと行っている歯科医院」です。

「そんなの当たり前じゃないの?」と思われるかもしれませんが、残念ながらきちんと行っていない歯科医院もあるのが現状です。患者様ごとにタービン(歯を削るドリル)を交換して滅菌消毒しているところは、全体の30%程度という話もあります。

また、最近では全国の歯科医療機関の半数程度がハンドピース(歯を削るドリルを取り付ける部分)を使い回している可能性があると、全国紙のニュースで大きく報じられ話題となりました。さらにはハンドピースだけでなく、手袋の使い回しも日常化している可能性があると報じられています。

歯科医院へ通おうとお考えの方や、現在通院中の方などは、一度その歯科医院が滅菌消毒をきちんと行っているかどうか確認されることをおすすめします。
当院では当然、タービンやハンドピース、手袋の使い回しなどは行っておりません。滅菌消毒は患者様の健康を守る上で「最も大切なこと」と考えて、より安心・安全な歯科医療の提供を心がけています。

滅菌消毒の流れ

当院ではタービンやハンドピースの使い回しなどは絶対に行いません。患者様ごとに滅菌消毒をして、常に清潔な器具を使用しています。

1洗浄

治療で使用した器具を超音波洗浄機に入れ洗浄します。

2パッキング

洗浄後、器具を乾燥させたら滅菌パックに入れてパッキングします。

3滅菌

パッキングした器具をオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)に入れ滅菌します。

4管理

滅菌後、パックを密閉して滅菌状態を保ちます。再度使用する時には患者様の目の前で封を開けて、常に清潔な器具を使用するようにしています。

患者様ごとに手袋を取り替えています

手袋のほか、エプロンや紙コップ、注射針などの滅菌消毒できないものにつきましては、患者様ごとに取り替えて、ディスポーザブル(使い捨て)化することで安心・安全な治療を提供するようにしています。

ディスポーザブル化は手間やコストがかかるため、歯科医院によっては手袋を使い回したり、なかには最初から手袋を使っていないというところもあったりするようですが、これは当院からしてみれば信じられない行為です。

たとえ手間やコストがかかろうとも、ディスポーザブル化は患者様に快適に治療を受けて頂くために、そして安心・安全な歯科医療のために必要なことだと考えています。

オートクレーブ

治療で使用した器具はオートクレーブで消毒・滅菌した後、個別に滅菌パックに入れて管理します。

超音波洗浄器

治療で使用した器具は、超音波洗浄器で洗浄・滅菌して、汚れやタンパク質などをきれいに取り除きます。
手洗いの洗浄よりも細かな汚れをきれいに落とすことができます。

小型オートクレーブ

通常のものよりも滅菌工程がスピーディな小型オートクレーブを活用して、治療の効率化をはかっています。

印象材自動練和器

歯型採りの時に使用する印象材を自動で練る機械です。
手練りよりも時間が短くて済み、気泡も少ないので、少ない待ち時間で正確な印象採取が行えます。

お問い合わせフォーム TEL:0724-93-8001