小児歯科

お子様の歯の健康のために

お子様の歯の健康を守るためには、お母様やお父様などの保護者の方の気配りが大切です。

お子様の歯(乳歯)は大人の歯(永久歯)と比べて虫歯になりやすく、一度かかると進行が早いので注意が必要です。
また、お子様の中には1人で正しく歯を磨くことができない子もいますので、小学校を上がるまでは仕上げ磨きをして、お口の中を清潔な状態に保つようにしましょう。

当院の小児歯科では、お子様の虫歯を治療するのはもちろんのこと、歯を病気から守るための予防にも力を入れています。

定期検診でお子様のお口の中の健康状態をチェックするのはもちろんのこと、お子様の歯や顎の健全な成長・発育を見守らせて頂きます。また、保護者の方に仕上げ磨きの方法や、虫歯のメカニズム、歯の健康を脅かす食習慣などについても詳しくご説明させて頂きます。

当院の小児歯科の特徴

焦らずゆっくりと治療を進めます

お子様にとって「初めての歯医者」は非常に重要な意味を持ち、最初の歯科医院で痛い思いをしたり、「歯医者は怖いところ」というイメージが植え付けられたりしてしまうと、その子を「歯医者嫌い」にしてしまう場合があります。当院ではそうしたことがないように、いきなり歯を削るなどの怖い治療は行いません。
お子様お一人おひとりの状態に合わせて、「歯医者の雰囲気に慣れる」「チェアに座る」「口を開ける」など、段階を踏んでゆっくりと治療を進めていきます。

保育士の資格を取得したスタッフが対応します

当院には保育士の資格を取得したスタッフがおりますので、小さなお子様や、歯医者が苦手なお子様でも安心して連れてきてください。

お子様とのコミュニケーションに慣れたスタッフが、適切に対応します。

「今」だけでなく「未来」も視野に入れてお口の中を診ます

お子様の現在のお口の中の状態を詳しく確認するのはもちろんのこと、将来、どんな病気になる危険があるかなど、将来のお口の中の状態も視野に入れて診させて頂きます。

「ご家族の状況」も把握しアドバイスします

「ご家族の状況」も把握しアドバイスしますお子様の歯の健康を守る上で、食生活の管理は非常に重要ですが、その子が毎日どんな食生活を送っているのかを確認するだけでなく、「ご家族のどなたがいつもお子様の面倒をみられているのか」という「ご家族の状況」もおうかがいするようにしています。

ご両親が共働きで祖父母様が面倒をみられている場合、いくらお母様・お父様がお子様の食生活に注意していても、お仕事中に祖父母様が甘いお菓子やジュースなどを与えてしまっているケースがあるからです。

そのため、当院では問診時などにご家族の状況を確認・把握した上で、きめ細やかにお子様の食生活をアドバイスさせて頂きます。

年齢別の虫歯リスクと予防方法

年齢 虫歯になりやすい部位 予防方法
0~2歳 上顎の前歯の間
歯の付け根
歯と歯の間に虫歯ができやすいので、仕上げ磨きの際などには注意するようにしましょう。
2~3歳 奥歯の溝 奥歯の溝は深いので、汚れが溜まりがちです。細かく歯ブラシを動かして、汚れを掻き出してあげるようにしましょう。
3~4歳 奥歯
奥歯の間
奥歯や、奥歯の間が虫歯になりやすい時期です。奥歯の虫歯は見落としがちなので注意するようにしましょう。
4~12歳 6歳臼歯 1番奥から生えてくる6歳臼歯は、生え変わる途中で虫歯になることもありますので、生え始めた段階できちんと磨いてあげるようにしましょう。

乳歯の虫歯にご注意ください

乳歯は虫歯になりやすい

乳歯は永久歯と比べてエナメル質(歯の表面)が薄いので、虫歯になりやすいと言われています。

 

乳歯の虫歯は神経まで進行しやすい

乳歯はエナメル質が薄く、さらに神経が大きいので、虫歯になると神経まで進行しやすいとされています。

乳歯の虫歯は放っておいても大丈夫」ではありません

保護者の方の中には、「乳歯は生え変わるから放っておいても大丈夫」とお考えの方もおられるかもしれませんが、これは間違いです。
乳歯の虫歯を放置すると、永久歯に様々な悪影響をおよぼす場合があります。また、乳歯の時から虫歯になりやすいお子様は、成長して永久歯に生え変わっても虫歯になりやすい傾向にありますので、乳歯の虫歯だからといって決して放置せずに、歯科医院で適切な治療を受けさせてあげるようにしてください。

保護者の方にお伝えしたいこと~お子様の歯を病気から守るために~

小学校を上がるまでは仕上げ磨きを続けましょう

お子様の中には1人で正しく歯を磨くことができない子もいますので、小学校を上がるまでは仕上げ磨きをして、お口の中を清潔な状態に保つようにしましょう。
当院にお越し頂ければ、お子様に正しい歯磨き方法を指導するだけでなく、保護者の方へ仕上げ磨きの方法をアドバイスさせて頂きます。

定期的にフッ素塗布を受けさせてあげてください

フッ素塗布はお子様の歯を虫歯から守る上で、非常に効果的な方法です。
しかし、フッ素の効果は3ヶ月程度しか持続しませんので、3ヶ月に1回など、定期的に受けさせてあげるようにしてください。フッ素塗布により歯質を強化したり、虫歯菌の働きを抑制したりすることで、お子様の虫歯リスクを低減させることができるようになります。

定期検診を受ける習慣を身に付けさせてあげてください

小さな頃から歯科医院で定期検診を受ける習慣を身に付けることで、お口の中を健康な状態に保つことができるのはもちろんのこと、その子のデンタルIQ(歯に対する意識)を高めることができるようになります。
定期検診の習慣は、その子の歯にとって「一生の宝物」となります。

お問い合わせフォーム TEL:0724-93-8001