知覚過敏・口内炎などのトラブル

  • ホーム > 
  • 知覚過敏・口内炎などのトラブル

知覚過敏

知覚過敏の原因

知覚過敏は「象牙質知覚過敏」とも言い、冷たいものや、甘いものなどが歯の神経に過敏に反応することを指します。

歯周病などで歯茎が下がると、これまで歯茎で覆われていた象牙質が露出して、冷たいものなどの刺激を受けることになり、しみや痛みを感じるようになります。

知覚過敏は初期の虫歯や歯周病の前兆とも考えることができ、放っておくと重症化して、最悪の場合、歯髄(歯の神経)が死んでしまう場合もありますので、症状をお感じになったらすぐに当院までご相談ください。

知覚過敏の症状

  • 冷たいものが歯にしみる
  • 甘いものが歯にしみる
  • 熱いものが歯にしみる
  • 歯ブラシを当てるとしみる

知覚過敏の治療

知覚過敏の症状のほとんどが、冷たいものや熱いものを口に含んだ時に感じる「しみ」です。
口に含んだものとの温度差によって歯の神経が刺激されて、しみを感じるようになります。そうした症状を改善するために、薬物療法やコーティング剤を用いた治療などを行います。

薬物療法

知覚過敏のお薬を歯に塗り込み、象牙質を強化することで症状を改善させます。

コーティング剤

歯の表面にコーティング剤を塗布し、象牙質を刺激から保護して症状を改善させます。

歯周病の治療

歯周病により歯茎が下がったり、歯が動揺したりすると、知覚過敏が起こりやすくなるので、歯周病治療を行って歯茎が下がるのを抑制したり、歯の動揺を抑えたりして、症状を改善に導きます。

レーザー治療

Erwin AdvErL Evo」という歯科用レーザーを使用して、知覚過敏を改善させます。知覚過敏が発生している部分にレーザーを照射することで、歯石を取り除き、症状の改善をはかります。痛みを発生させることなく歯石が除去でき、殺菌効果もあります。

口内炎

口内炎の原因

口内炎とは、舌や歯茎などの粘膜にできる炎症反応で、発生する原因ははっきりわかっていませんが、疲労などで体の抵抗力が落ちたり、傷ができて過敏に反応したりした時などにできます。

口内炎ができると、痛みのために食事が食べにくくなったりするなど、日常生活に支障をきたすようになることがありますので、口内炎に気づいたらすぐに当院を受診するようにしてください。

口内炎の治療は歯科医院にお任せください

口内炎に治療は耳鼻咽喉科や皮膚科などで受けられますが、より効果的な治療を受けたいとお考えであれば、歯科医院がおすすめです。
歯科医院では、レーザーによる効果的な治療を受けることができますし、詰め物の不具合や歯の突起などが原因で口内炎ができている場合でも、すぐに対応することができます。
そして何より、歯科医師は「お口の中の専門家」ですので、お口の中のトラブルを安心して任せることができます。

口内炎の治療

レーザー治療

患部にレーザーを照射することで殺菌し、炎症を抑えます。ほとんど痛みを感じることなく、快適に治療が受けられます。

薬物療法

口腔用の塗り薬を患部に塗って口内炎を改善させます。お薬が効果を発揮する前に流されてしまう可能性がありますので、お薬を塗ったらしばらくは飲食を控えるようにしてください。

メタルフリー治療

お口の中に入れた金属が原因で口内炎ができる場合がありますので、金属を取り除き、セラミックなどの生体親和性の高い材料に替える治療などを行います。

レーザー治療

Erwin AdvErL Evo」という最新のEr:YAGレーザーを使って、炎症が発生している部分にレーザーを照射します。12回程度の治療で完治させることが可能で、すぐに痛みや炎症が治まります。

一番上に戻る
TEL.072-493-8001TEL.072-493-8001メールでのお問い合わせメールでのお問い合わせ

採用サイトはこちら採用サイトはこちら

TEL.072-493-8001

〒596-0827 大阪府岸和田市上松町455−1

診療時間 日・祝
9:30~13:00
15:00~19:30

土曜日は17:00までとなります。
休診日:木曜日、日曜祝日

駐車場18台完備 バリアフリー 土曜17時まで