咬み合わせ

咬み合わせについて

上顎・下顎の歯が接触することを「咬み合わせ」と言います。

上下左右の歯が均等に接触して、下顎のまわりの筋肉が一番リラックスできる状態が保てたり、顎の関節に過度な負担がかからなかったりする咬み合わせが理想的であるとされています。

咬み合わせは加齢や、生活習慣などによって変化することがあり、その結果、咬み合わせが乱れるとお口の中だけでなく、全身にも様々な悪影響をおよぼす場合があります。

また、咬み合わせの乱れは加齢や生活習慣だけでなく、病気によって歯を失うなどの原因でも起こることがあります。

咬み合わせの乱れが引き起こす悪影響

お口の中の病気リスクが高まる

咬み合わせが乱れることで、毎日のブラッシングなどのご自宅でのケアが行いにくくなり、その結果、虫歯歯周病などの病気リスクが高まることがあります。

特定の歯だけに負担がかかり歯周病リスクが高まる

咬み合わせが乱れることで、特定の歯だけに負担がかかり、歯周病リスクが高まる場合があります。
また、すでに歯周病になっている方は、症状が進行しやすくなります。

顎関節症になりやすくなる

咬み合わせが乱れることで、顎の関節に過度な負担がかかり、顎関節症を引き起こす場合があります。

頭痛・肩こり・腰痛などの不定愁訴の原因となる

咬み合わせが乱れることで、全身のバランスが崩れて頭痛・肩こり・腰痛などの不定愁訴の原因となる場合があります。
頭痛・肩こり・腰痛以外にも、めまい、動悸、耳鳴りなどの不定愁訴を引き起こすこともあります。

きちんとものが噛めなくなる

咬み合わせが乱れると、きちんとものが噛めなくなり、その結果、消化器官に負担がかかったり、消化が悪くなったりする場合があります。

顔が歪む

咬み合わせが乱れることで、左右どちらか片方でものを噛むようになり、表情筋や咀嚼筋などの筋肉の厚さが変わって、顔が歪んでしまう場合があります。

咬み合わせのセルフチェック

次の項目にあてはまる方は、咬み合わせが乱れてしまっている可能性があります。
咬み合わせの乱れを放っておくと、様々な健康被害が起こる危険がありますので、一度当院までご相談ください。

  • 左右片方だけの歯でものを噛んでいる
  • 硬いものがしっかりと噛めない
  • 上と下とで、前歯の中心がずれている
  • 歯と歯の間にものがよく挟まる
  • ものを噛んだ時に痛みや違和感がある
  • 冷たいものや、熱いものがしみる
  • 頬の内側や舌などをよく噛む
  • 同じ歯が何度も虫歯になる
  • 同じ歯の詰め物・被せ物が取れる
  • 下の歯が上の歯よりも前に突出している
  • 咬み合わせた時に上の歯が下の歯に深く被さっている
  • 歯が抜けたまま放置している
  • 口を開閉する時に「カクン」などの音がする
  • 顔が歪んでいる気がする
  • 左右の肩の位置が違う
  • 左右の目の大きさが違う

きちんと噛むことのメリット

虫歯・歯周病などの病気予防に繋がる

きちんとものを噛むことで唾液の分泌量が多くなります。
唾液には、虫歯菌や歯周病菌の増殖を抑える作用、食後にお口の中の酸を中和する作用、再石灰化を促進する作用などがあるため、きちんとものを噛むことは虫歯歯周病などの病気予防に繋がります。

胃や腸の消化を助ける

きちんとものを噛むことで、食べ物と唾液が混ざり合って分解されるようになるので、胃や腸の消化を助けてくれます。

老化・認知症の予防に繋がる

きちんとものを噛むことで、脳へ刺激を与えることができるようになるので、老化や認知症の予防にも繋がります。

肥満・メタボの予防に繋がる

きちんとものを噛むことで、少ない食事量でも満足感が得られるようになるので、肥満やメタボの予防にも繋がります。

咬み合わせの治療

咬み合わせの乱れを引き起こしている原因によって、適切な治療方法は異なりますが、基本的には矯正治療詰め物・被せ物などの治療で咬み合わせを正していきます。

元々歯並びが悪いケース

歯並びが悪いと咬み合わせも悪い場合が多くので、矯正治療などを行って歯並びを整えて、咬み合わせを正していきます。

歯が抜けたまま放置したケース

歯が抜けたまま放置すると、欠損部分の隣の歯が倒れてきたりして、咬み合わせが乱れる場合があります。
矯正治療で倒れてきた歯を動かした後、ブリッジやインプラントで失った歯の機能性を補うなどの治療を行います。

金属の詰め物・被せ物を入れているケース

金属の詰め物・被せ物と天然歯は硬度が異なるため、まわりの残存歯と擦り減り方が違ってきます。
その結果、咬み合わせの乱れを引き起こすことがありますので、セラミックなどの素材に取り換えるなどの治療を行います。

お問い合わせフォーム TEL:0724-93-8001