金属アレルギー・アマルガム除去

金属アレルギー

歯科の金属アレルギーについて

歯科の金属アレルギーとは、金属の歯科材料が原因で起こるアレルギー反応のことです。
お口の中に入れた銀歯などの金属が、唾液によってイオン化して体内に蓄積されることで、手足の裏に水泡や膿胞ができたり、口内炎ができたりします。

金属アレルギーを引き起こす歯科材料は様々ですが、それらの金属をお口の中に入れてもしばらくは症状が現れず、ある日急に症状が現れたりすることもあるため、「口の中の金属が原因」と気づけないケースもあります。

なので、皮膚科などで治療を受けてもなかなか症状が改善しない方のうち、お口の中に金属の歯科材料が入っている方は一度当院までご相談ください。

金属アレルギーの心配がないセラミックなどの材料に取り替えることで、症状を改善することができる場合があります。

金属アレルギーの原因となる歯科材料

金銀パラジウム合金

銀歯の詰め物・被せ物で使用される材料です。保険診療では一般的にこの金属が使用されています。

ニッケルクロム合金

金銀パラジウム合金よりも金属アレルギーのリスクが高いと言われている材料で、近年では使用が制限されています。

アマルガム

水銀を主成分とした材料で、金属アレルギーのリスクが高いとされています。当院では、患者様のお口の中にアマルガムを発見した場合には、基本的には除去することをおすすめしています。

銀合金

銀そのものが金属アレルギーを引き起こすケースは稀ですが、材料に含まれている他の金属が原因となって金属アレルギーを引き起こす場合が多いと言われています。

金属アレルギーの治療

金属アレルギーでお悩みの方には、お口の中の金属をセラミックなどの非金属材料に取り替える治療がおすすめです。
現在、金属アレルギーでお悩みの方は、一度お気軽にご相談ください。

ただし、金属アレルギーの症状は様々な要因が複雑に絡みあって発生していることが多いため、原因を特定するのは簡単ではありません。
なので、まずは皮膚科などでパッチテストを実施してもらい、金属アレルギーの診断を受けるようにしましょう。

アマルガム除去

アマルガムについて

アマルガムについてアマルガムとは正式には「歯科用水銀アマルガム」と言い、50%の水銀、35%の銀、9%のスズ、6%の銅のほか、亜鉛などの粉末を混ぜ合わせてペースト状にした合金です。

1980年代までは、虫歯治療で削った歯に詰める詰め物や、歯の土台(コア)などに使用されていましたが、現在ではほとんどの歯科医院で使用されていません。
しかし、一部の歯科医院では、安価で扱いやすいため、まだ使用されているケースもあると言われています。

お口の中にアマルガムはありませんか?

アマルガムはアメリカなどで100年以上も使用され続け、日本でも国が承認して、70年程度使用され続けてきました。
奥歯の溝、または前歯の裏側に黒ずんでいたり、錆びていたりする小さな詰め物がある場合には、アマルガムの可能性があります。
当院を受診して頂ければ、お口の中の金属がアマルガムかどうか確認することができますので、金属アレルギーの症状などでお悩みの方は一度お気軽にご相談ください。

アマルガムが引き起こす症状

  • 金属アレルギー
  • アトピー性皮膚炎
  • 頭痛
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 膝の痛み
  • 背中の痛み
  • 掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)
  • 内臓機能の低下
  • 冷え性
  • その他の不定愁訴

など

 

アマルガムは一刻も早く除去しましょう

アマルガムに含まれる高濃度の水銀は、金属アレルギーのほか、頭痛やめまいなどの不定愁訴、内臓機能の低下、アトピー性皮膚炎などの原因となる危険があります。
お口の中にある銀色の詰め物が、1980年代以前に治療を受けて入れたものである場合には、アマルガムである可能性が高いと言えますので、一度当院までご相談ください。
アマルガムをセラミックなどの非金属の歯科材料に取り替えることで、症状を改善・予防します。


お問い合わせフォーム TEL:0724-93-8001