歯が抜けたまま放っておくと…

歯が抜けたまま放置していませんか?

歯を抜けたまま放置すると様々な悪影響が現れます

歯痛歯が抜けたまま放置すると、口腔内で様々な悪影響が現れます。例えば、歯が抜けてそのままにしていると、噛み合うが伸びてきたり、欠損部分の両隣の歯が倒れてきたりして歯並び・咬み合わせが乱れてしまう場合があります。また、奥歯を失ったままにしておくと頬や顎のラインが内側に寄って顔貌が変化してしまうこともあります。そして何より、歯が抜けたままの状態というのは見た目が良くなく、他人に与える印象を悪くする恐れがあります。
たった歯1本を失っただけでも、口腔内の状況が変わり、予期せぬトラブルが起こる危険があります。なので「1本くらい大丈夫」とお考えにならずに、できるだけお早目に歯科医院で適切な治療を受けられるようにしましょう。

歯を抜けたままにしておくとこんなトラブルが起こる恐れがあります

歯並び・咬み合わせのトラブル

咬み合う歯が伸びてくる

歯を失ったままにしていると、これまで抜けた歯と噛み合っていた歯が刺激を求めて伸びてきて、歯並びや咬み合わせが乱れてしまう恐れがあります。

欠損部分の両隣の歯が倒れてくる

歯を失いこれまで支えとなっていた歯を失うことで、欠損部分の両隣の歯が倒れてきて歯並びや咬み合わせが乱れてしまう恐れがあります。

顎関節症の原因となる

欠損歯の本数が多い場合、適切に噛むことができなくなって片方の歯列ばかりで噛むようになり、その結果、咬み合わせが乱れて顎関節症の原因となる恐れがあります。

見た目のトラブル

口元の審美性が損なわれる

歯が抜けたままの状態は見た目が良くなく、口元の審美性を損なって他人に与える印象を悪くする恐れがあります。また、歯がないことを知られたくないあまり、人前でお口を開けて笑えなくなったり、積極的にコミュニケーションがとれなくなってしまったりすることもあります。

歯茎が下がったように見える

歯を失ったままにしておくと歯槽骨(歯を支える骨)が吸収されて、歯茎が下がったように見えてしまう場合があります。

顔貌が変化してしまう

奥歯を失ったままにしておくと、頬や顎のラインが内側に寄って顔貌が変化してしまうことがあります。前歯の場合には、お口まわりのシワが目立つようになることがあります。さらには、時間が経過して歯茎が下がってしまうと、頬がこけているように見えたり、顎がたるんでいるように見えたりすることもあります。

その他のトラブル

消化器官に負担がかかる

腹痛歯を失ったままの状態だと食べ物を細かく噛み砕くことができなくなるため、胃や腸などの消化器官に負担がかかるようになります。また、きちんと咀嚼できないことで唾液の分泌量が減少して、上手く消化できなくなります。

発音障害の原因となる

歯がない部分から空気が漏れてしまい、はっきりと発音できないなどの発音障害の原因となる場合があります。

脳への刺激が減少する

「噛む」という行為にはものを噛み砕くだけでなく、脳へ刺激を与える働きもあります。しかし、歯を失ったままにしていると咬み合わせが乱れてしまい、脳への刺激も減少してしまう場合があります。

一番上に戻る