インプラント

こんなことでお悩みではありませんか?

インプラントについて

インプラントについてインプラントとは、歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント体)を埋入して、その上にアバットメント(連結部分)を装着させた後、人工歯を被せることで、失った歯の機能性や審美性を補う治療です。

従来であれば、歯を1本失った時などにはブリッジを選択するのが一般的でしたが、ブリッジは土台となる両隣の歯を削らなくてはいけないため、残存歯に負担をかけることになります。

しかし、インプラントであればまわりの歯に負担をかけることなく治療ができるため、「健康な歯を削りたくない」「残存歯を大切に守りたい」という方などにおすすめです。
そのほかインプラントには、「見た目が気にならない」「天然歯同様の噛む力が得られる」など、様々なメリットがあります。

インプラントのメリット

サージカルガイドによる安全性の高い手術残存歯に負担がかからない

インプラントは、歯を失った部分の顎の骨にインプラント体を埋入して、人工歯を被せることで失った歯の機能性や審美性を補う治療です。
そのため、ブリッジや入れ歯のように残存歯に負担をかけることはありません。

健康な歯を削らなくていい

ブリッジと違い、インプラントでは残っている健康な歯を削る必要はありません。大切な天然歯を守りながら治療を受けることができます。

硬いものをしっかりと噛めるようになる

1本の奥歯には60キロ程度の力が加わると言われていますが、入れ歯の場合、これだけの力が加わると破損してしまう場合があります。
しかし、インプラントは顎の骨に埋入してしっかりと固定するため、強い力が加わっても破損するようなことはなく、硬いものでもしっかりと噛めるようになります。

痛みがない

入れ歯の場合、装着時に装置が歯茎に擦れて痛みを感じたり、口内炎ができたりすることがありますが、インプラントは顎の骨に埋入してしっかりと固定するため、そうしたトラブルはありません。

違和感がない

入れ歯の場合、ぐらついたり、外れたりするなど、違和感が生じることがありますが、インプラントは顎の骨に埋入してしっかりと固定するため、そうした違和感はありません。快適に食事や会話を楽しむことができます。

発音が明瞭になる

入れ歯を装着した時、「喋りにくい」「発音が不明瞭になる」などの違和感で悩まれる方もいますが、インプラントではこうした違和感はありません。明瞭な発音で会話することができます。

見た目を気にする必要がない

入れ歯の場合、金属のバネ(クラスプ)が目立ってお口の中の審美性が損なわれてしまう場合がありますが、インプラントではそうしたことはありません。見た目を気にすることなく、笑顔を浮かべて頂くことができます。

顔の歪みが改善する

片方の奥歯に入れ歯が入っている場合、ものが噛みにくいため、ついつい反対側の奥歯ばかりで噛むようになってしまい、その結果、左右の筋肉のバランスが崩れてお顔が歪んでしまうことがあります。しかし、インプラントであれば左右どちらでもしっかりとものが噛めるようになるので、お顔の筋肉のバランスが整って、歪みが改善される場合があります。

顔のシワが取れて若返ります

入れ歯の場合、噛む筋力が衰えて、お顔の貼りが失われたり、シワが増えたりすることがありますが、インプラントによって噛む力が回復すれば、筋力が発達してシワがなくなり、張りを取り戻すことができる場合があります。

当院のインプラントの特徴

丁寧なカウンセリングとインフォームド・コンセント

インプラントでは外科手術が必要となり、治療開始から終了まで長い期間が必要となりますので、患者様にそのことをご理解頂き、積極的にご協力頂いてより良い治療を実現するためにも、当院では治療前には丁寧なカウンセリングとインフォームド・コンセント(説明と同意)を行い、治療内容を十分ご理解頂くようにしています。

サージカルガイドによる安全性の高い手術

当院ではCT検査のデータをもとに、サージカルガイドを作製することで、より正確で安全なインプラント手術を行います。

サージカルガイドとは、インプラント体を埋入する時の位置や方向をガイドしてくれる器具で、これによりインプラント手術の最大のリスクである「ドリリングの不具合」を防ぐことが可能となります。
→サージガルガイドについて詳しくはこちらをご覧ください。

豊富な知識と症例数

インプラントは当院が得意とする治療の1つです。
これまで、様々な患者様に対して治療を提供してきた豊富な経験がありますので、安心してお任せください。

入れ歯・ブリッジとの比較

ブリッジ

歯を失った部分の両隣の歯を削って土台として、人工歯を被せます。土台となる歯に過度な負担がかかり、歯の寿命を縮めてしまう場合があります。

部分入れ歯

歯を失ったところに部分入れ歯を装着させます。部分入れ歯を支える歯に過度な負担がかかり、歯の寿命を縮めてしまう場合があります。

総入れ歯

ぐらついたり、外れたりするなど、装着時に違和感が生じる場合があります。また、金属のバネ(クラスプ)が目立って、お口まわりの審美性を損なうことがあります。

インプラント

歯を失ったところだけの処置で済むので、健康な残存歯を削ったり、まわりの歯に負担をかけたりすることはありません。天然歯同様の審美性と機能性を手に入れることが可能です。

インプラント治療の流れ

1カウンセリング

治療前に十分な時間をかけてカウンセリングを行い、治療内容・治療期間・治療費などについて詳しくご説明します
→インプラントの治療費については、こちらをご覧下さい。

2検査

CT検査やレントゲン検査などを行い、顎の骨の厚みや、神経や血管の走行などを詳しく把握します。
それらの検査結果をもとに、インプラントの長さや太さなどを決めて、精密な治療計画を策定します。
当院では、サージカルガイドを使用した安全性の高いインプラント手術を実施しています。

3事前処置

検査時に虫歯歯周病などの病気が見つかった場合には、先にそれらの治療を行います。
当院では、虫歯や歯周病がある状態では決してインプラント治療を行いません。

4サージカルガイドによるシミュレーション

CT検査のデータをもとに、サージカルガイドを作製して、インプラント体埋入のシミュレーションを行います。
事前にシミュレーションすることで、安全性の高いインプラント手術が可能となります。

5インプラント体埋入

サージカルガイドを使用して、精密かつ安全にインプラント体を顎の骨に埋入します。
患者様によっても異なりますが、治療時間の目安は1~2時間程度です。

6治癒期間

埋入したインプラント体と顎の骨が結合するまで、治癒期間を設けます。
患者様によっても異なりますが、治癒期間の目安は3ヶ月程度です。インプラント体が安定することで、しっかりとした咬合力を得ることができるようになります。

7アバットメントの装着

インプラント体と顎の骨がしっかりと結合したのを確認した後、その上にアバットメントを装着させます。

8人工歯の装着

アバットメントを装着させたら、その上に人工歯を被せます。

9定期メンテナンス

インプラントは「人工歯を被せたら終わり」ではありません。
インプラントを長持ちさせるためにも、定期メンテナンスを受ける必要があります。
メンテナンスを怠るとインプラント周囲炎などのトラブルを引き起こす場合がありますので、欠かさずに当院でメンテナンスを受けるようにしてください。

インプラント専門サイトの紹介

お問い合わせフォーム TEL:0724-93-8001