ブログ

2014.11.13

20代・30代のインプラント治療

最先端のインプラント治療。
1本からの治療ができるので、ブリッジのように、両隣の歯に負担をかける事もありませんし、入れ歯のように使用感や見た目の違和感がないというメリットがあります。
ですので、この治療法を有効に活用していただきたい患者様がたくさんいらっしゃるのですが、なかなか人に「私、インプラントやりました」と公言する方がいないだけに、特に若い方には「特別な治療」という印象が強いようです。

くすべ歯科でも先日、30代の患者様のインプラント治療を行いましたし、20代でインプラント治療を行う方も、もちろんいらっしゃいます。
若い方は周囲に相談もできず、悩んでいる方も多いようですが、若い方のインプラント治療はいたって普通の事です。

インプラントはメンテナンスとして、しっかりと毎日のデンタルケアと定期的な健診を行っていただければ、天然歯と同じぐらい快適なものです。
それだけに私は、症状によっては若い方こそ、インプラント治療を考えてほしいと思うのです。

くすべ歯科には、個室のカウンセリングルームがあります。
「他の方に話を聞かれるのは抵抗ある」という方も安心して、様々なお悩みをご相談いただけます。
悩んでいないで、まずはご相談いただけませんか?
くすべ歯科では、貴方に最適な治療法をご提案していきます。

2014.11.05

インプラントは怖い?

「インプラントって抵抗がある・怖い」という患者様が多いようです。
私的には、他の歯科治療と何ら変わらないものなのですが・・・歯科医師を長年やっておりますと、感覚が麻痺していけませんね。
確かに冷静に考えてみると、顎の骨にボルト状の人工歯根を埋め込むわけですから、患者様のお気持ちや不安はごもっともです。

でも既に1950年代から研究が進められ、多くの臨床結果もでていて、大変安全なものです。
おまけに、周囲の歯に負担をかけず1本からの治療ができるので、ブリッジのように、両隣の歯に負担をかける事もありませんし、入れ歯のように使用感や見た目の違和感がないというメリットがあります。

歯科医師としてお伝えしたいのは、インプラント治療の方ではなく、その後のメンテナンスを怠る方が怖いです。
メンテナンスをしっかり行えば、半永久的に使用することが可能なので、とても良い治療法だと思っています。

もちろん手術も伴いますし、費用が高額なのも事実です。
全ての患者様に、最適という事ではありません。
くすべ歯科では、患者様のご年齢や顎の骨の状況、健康状態などを考慮し、ご提案しています。

2014.10.27

インプラントの歴史

くすべ歯科では、インプラント治療に力を入れています。
今日はその、インプラント治療の歴史について、触れてみたいと思います。

皆様は、「インプラント治療」という治療法を耳にするようになったのは、いつぐらいからですか?
おそらく早い人でも、20年前ぐらいなのではないでしょうか?
現代のインプラント治療の臨床結果が確立し、世の中に出始めたのが1980年代頃なので、「私、インプラント治療をやったわよ」というような話を周囲で聞くようになったのは、おそらく、ここ15年ぐらいなのではないかと思います。
「インプラント」という名前こそ、知られるようになっても、インプラント治療を行える歯科医師も、その設備が整っている歯科医院も少なかったので、やりたくてもできなかったという患者様もいらっしゃるようですね。

このように、最先端の治療とも言えるインプラントなのですが、その歴史となると実はかなり古いのです。
なんと! 上顎に鉄製インプラントが埋まっているローマ時代の人骨がヨーロッパで発見されているという報告もあります。
紀元3世紀頃の人骨だったというのですから、ビックリ仰天です。
もちろん、どの程度のどのような治療だったのかと言われれば、今のものとは比較できないでしょうけど・・・。
その後、現代のインプラント治療の研究が始まったのは1950年代です。
そこから飛躍的に技術向上し、今に至っています。

岸和田エリアでインプラントをお考えでしたら、是非、くすべ歯科へご相談ください。
くすべ歯科では、抜歯即時インプラントやソケットリフトなど、最先端のインプラント治療をご提供しております。

2014.10.17

くすべ歯科のWEB診療予約について

くすべ歯科では、予防歯科はとても大切な事と考えています。
虫歯や歯周病になってから、治療するために歯医者さんへ通院するというのは、昔の話。
子どもはもちろんですが、大人も予防歯科に注力する時代です。

美容院や理髪店に定期的に通うのと同じように、歯医者での定期歯科検診をお受けいただければと願っていますが、お忙しい毎日、どうしても歯科検診の足が遠のいてしまいがちという患者様のお話を耳にします。

そこでくすべ歯科では、患者様が気軽に来院していただけるよう、環境とシステムを取り入れています。
その一つが、WEB診療予約です。
「歯科タウン」のWEB診療予約のフォーマットに入力し、送信するだけなのでとても簡単!
24時間受付なので深夜早朝問わず、予約希望申請が可能です。
ご連絡をいただきましたら、くすべ歯科より翌日(翌診療日)以降に、ご希望の時間にお取りできるかどうかをご連絡いたします。
(土日祝日をはさむ場合は、ご連絡が休日明けとなります)

また、急患の場合は、出来る限り迅速に対応していきます。
まずはお電話で、ご連絡ください。

2014.10.09

スポーツをしながらの歯科矯正

本日は、時々ご質問いただきます「歯科矯正中にスポーツができますか?」という疑問に答えていきたいと思います。
これはまず、「何のスポーツなのか」にもよります。
また、従来型のワイヤーを使った歯科矯正とマウスピース矯正によっても、異なる部分があります。

ワイヤーを使った歯科矯正は、スポーツを行っていても基本的には出来ます。
例えば、ヤクルトスワローズの青木宣親選手は、フレッシュオールスターのMVPで受け取った賞金100万円を、歯の矯正治療に使ったことで有名です。
つまり、プロ選手でもOKなのですから、当然大丈夫です。
しかし矯正装置が固いものなので、例えばボクシングやアメフトなど、装置のせいで口の中をケガしてしまう恐れのあるスポーツとなると、難しいのです。

マウスピース矯正の場合は、透明で柔らかい素材なので、口の中をケガする心配もありませんので、どんなスポーツでもOKです。
当院では、クリアアライナーというマウスピース矯正を行っています。
スポーツをされている方も、歯列矯正についてお気軽にご相談ください。

2014.10.02

水野真紀の魔法のレストランR

大阪の毎日放送が放映している「水野真紀の魔法のレストランR」。
好きな番組なのですが、リアルタイムで見ることができないので、いつも録画してみています。
水野真紀さんって、私と同い年なんですよね。
いつみてもお綺麗で・・・顔はもちろん歯も。(またか・・・と思わないでくださいね。)

水野真紀さんは以前より、歯がお美しいことで有名です。
昔、患者様がお話していたのですが、水野真紀さんは、歯の美しさ健康のために、間食も嗜好品も取らないんだそうです。
歯科矯正経験もあり、歯に対してのデンタルIQが高い方なのだと推測できます。
本当かは知りませんが、今も全て自分の歯で虫歯もないそうです。

ご主人は、後藤田議員ですしね。
女優さんとしてもお忙しい中、議員の妻という立場もあり、更には母親という仕事もある。
忙しい女性であるのは間違いないと思うのです。
それでも、歯の健康を守り続けているのは、尊敬しますね!

忙しいと、デンタルケアを怠りがち。
でも、毎日の洗顔や入浴と同じく、デンタルケアは、忙しくても欠かさず行うようにしましょう。

2014.09.25

左右対称顔と言われている香椎由宇さん

個人的に好きな女優さん、香椎由宇さん。
オダギリジョーさんの奥様ですね。
1年ぐらい前、クロコーチというドラマに出ていらっしゃいましたが、確か妊娠による体調不良で途中降板されて・・・今はきっと、子育て真最中ですね。

香椎由宇さんは、左右対称顔と言われています。
これは、聞くところによると100万人に1人なのだとか?(専門ではないので、本当か分かりませんが)
左右対称顔となると、歯の噛み合わせ的にも素晴らしいという事になります。
嘘か本当か知りませんが、ドイツの歯科医師が標本として香椎由宇さんの型が欲しいと言っていたとか?
私も実物の歯並びを拝見してみたいです・・・無理ですけど。
虫歯はあるそうですが、いまだに自前の歯のようですし、香椎由宇さんは本物の美人なのですね。

噛み合わせの話が出ましたので、ちょっとここで噛み合わせについてお話を。
やはり噛み合わせが悪いと、見た目はもちろんですが、身体の健康を考えても良くないのです。
噛み合わせが悪いという方は、早めに歯列矯正を行った方が良いと、私はおすすめしています。
くすべ歯科では、クリアアライナーという透明のマウスピースを使った歯科矯正を行っています。
昔からあるワイヤーを使った歯科矯正とは違い、目立たないですし痛みも少ないです。
噛み合わせでお悩みの方は、くすべ歯科へご相談ください。

2014.09.19

インプラント治療後は、定期的な通院が必要です

私は歯科医師として、様々な患者様とお会いし、お話をお伺いしていて気が付く事が色々ございます。
今回は、その内の一つ、「インプラント治療をした後は、定期的なメンテナンスが重要という認知度が低い」という事について、お話します。
皆さんはいかがですか?ご存知でしたでしょうか?

インプラントは確かに、大変丈夫です。
しかしそれの土台となっている部分の顎の骨や歯肉は、あなた自身の天然の物です。
メンテナンスが疎かになってしまいますと、「インプラント周囲炎」という歯周病のようなものになってしまう事があるのです。
ひどくなりますと歯周病のように、歯が抜けてしまいます。

これを防ぐために、定期的な歯科検診とクリーニングは欠かせません!
となると、お気づきの方もいるかと思うのですが、あまり遠方の歯医者さんでインプラント治療を行うのは、その後の通院に負担が生じてしまいます。

「でも腕も確かな歯医者さんにお願いしたいし・・・」そのお気持ちも、ごもっともだと思います。
くすべ歯科は、最新鋭の技術と知識を患者様へフィードバックできるように、日々研鑽に励んでおります。
もちろん!臨床経験も豊富です。
安心して当クリニックで、インプラント治療およびメンテナンスを行っていただけると自負しておりますので、お近くの患者様はぜひ、くすべ歯科へご相談ください。

2014.09.10

インプラント治療ならくすべ歯科へ

くすべ歯科では、インプラント治療に注力しています。
入れ歯と違い、天然歯のような自然な噛み心地と見た目なので、私としてはおすすめの治療法です。

くすべ歯科では、最新鋭の技術と知識を患者様へフィードバックできるように、日々研鑽に励んでおります。
更には、歯科用CT、シムプラントというインプラント治療に必要な診断、シミュレーションを行うソフトを導入。
またインプラントを行うにあたり、サージカルガイドというインプラントを顎の骨に埋入する際に、ブレやズレが生じないように埋入位置・角度を導く、マウスピース型のガイドを採用しています。

最近、インプラント治療を行っている歯医者さんは増えました。
患者様から見ると、インプラント治療をどこのクリニックで行うかは、迷うところだと思います。
でもインプラント治療に関しては、一般歯科治療よりも更に、歯科医師の経験値と技術で選ぶべきだと思います。

私は、多くの歯科医院にて様々な臨床経験を積み、インプラント技術の研磨をしてまいりました。
現在も、学会などに積極的に参加し、技術向上および新しい知識を得て、それを治療に反映しています。
インプラント治療をご検討中の患者様はぜひ、くすべ歯科へご相談ください。

2014.09.04

糖尿病と歯周病

歯周病は、40歳を過ぎると発症する人が多くなっていく歯肉の異常です。
この歯周病は、生活習慣病と言われる糖尿病と大きな関係性があります。
歯周病の方が糖尿病になるケースも多いですし、糖尿病の方が歯周病になるケースも多いです。
つまり40歳を過ぎたら、歯周病にも糖尿病にも気をつけなければならないという事です。

糖尿病に関しては、生活習慣の見直しです。
毎日の適度な運動と、食生活の見直しが求められます。
特に食事に関しては、若い頃と同じではダメです。
根菜や野菜をたくさん取り、油ものや糖質が多い食べ物は、ほどほどにしていきましょう。
糖質を控えめにするのは、虫歯予防にもつながるのでとても良い事です。

そして次は、歯周病予防です。
これはなにより、定期的な歯科検診が大切です。
特に問題が無い場合は3か月に1度の歯科検診を、くすべ歯科で行いましょう。
もし既に、口腔内にトラブルがある場合は、歯科検診を1~2ヵ月に一度のペースにします。

歯周病予防はなぜ、歯科検診が大切なのでしょうか?
実は、歯周病の初期症状はほとんどなく、多くの患者様が「気が付いた時には遅い」という状況なのです。
もちろん日々のデンタルケアが大切なのは言うまでもありませんが、それにプラス歯科検診を忘れないようにしていただきたいですね。

1 2 3
お問い合わせフォーム TEL:0724-93-8001