オールセラミッククラウンの特長とオススメポイント

  • ホーム > 
  • オールセラミッククラウンの特長とオススメポイント

オールセラミッククラウンとは

オールセラミッククラウンとは白い陶製の材料、「セラミック」だけを使って作る被せ物です。
天然歯に限りなく近い自然な白さが再現されます。保険診療で使われる金属の被せ物とは異なり、長期にその品質が維持されるため、虫歯や歯周病、口臭のリスクを抑えられます。また、金属アレルギーの心配もありません。
現在、さまざまな自費診療の被せ物が開発されていますが、審美性・機能性・生体親和性などを考慮すると、総合的にもっとも優れた被せ物と言えるでしょう。

ほかのセラミッククラウンとの違い

メタルボンド

メタルボンドメタルボンドは、外側にセラミックを、内側には金属を使用した被せ物です。

  • 金属を使用しているため、金属アレルギーのリスクがあります。
  • 金属の溶け出しによって歯茎が黒ずむこともあります。
  • 内側の金属が透けて見えることを防ぐため、オールセラミックと比べると、外側のセラミックの透明感をやや落とす必要があります。

ハイブリッドセラミッククラウン

ハイブリッドセラミッククラウンハイブリッドセラミッククラウンは、セラミックと歯科用プラスチックを混合する「ハイブリッドセラミック」という材料を用いた被せ物です。

  • セラミックより衝撃に弱く、割れたり欠けたりしやすくなります。
  • オールセラミッククラウンと比べると、治療直後からやや色調・透明感に劣ります。また、着色も早く進みます。

オールセラミッククラウンはこのような方におすすめ

オールセラミッククラウンはこのような方におすすめ

  • 美しさ、機能性を追求した被せ物を使用したい方
  • 金属アレルギーの方、金属アレルギーが心配な方
  • 金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみを避けたい方
  • 虫歯、歯周病、口臭などのリスクをできるだけ避けたい方

オールセラミッククラウンの特徴

オールセラミッククラウンの特徴ご希望に応じた白さの調整ができ、透明感や艶感も天然歯に非常に近い、現在もっとも美しい仕上がりが期待できる被せ物です。
また、長期にわたってその品質が維持されるため、虫歯・歯周病・口臭などの口腔トラブルのリスクを下げるという意味でも有効です。もちろん、金属アレルギーや金属の溶け出しなどのリスクも一切ありません。

奥歯には使えない

オールセラミッククラウンの唯一の欠点とも言えるのが、衝撃に弱いという点です。事故や転倒などで硬いものとぶつかると、割れたり欠けたりすることがあります。
そのため、毎日強い力を受けることになる「奥歯」への使用はあまりおすすめできません。

奥歯にも使えるジルコニアオールセラミッククラウン

奥歯にも使えるジルコニアオールセラミッククラウンセラミックの一種「ジルコニア」を内側に、純粋なセラミックを外側に使用した被せ物が、ジルコニアオールセラミッククラウンです。
人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアで強度を高めることで、奥歯にも安心して使用できます。
オールセラミッククラウンと同様、金属は一切使用しないため、金属アレルギーや金属の溶け出しによる歯茎の黒ずみの心配もありません。

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ
くすべ歯科オフィシャルサイト 予防歯科専門サイト インプラント専門サイト 入れ歯専門サイト