ラミネートべニアはおすすめ?

  • ホーム > 
  • ラミネートべニアはおすすめ?

ラミネートべニアとは

ラミネートべニアとはラミネートべニアとは、歯の表側を薄く削り、そこに加工したセラミックを貼り付ける方法で、歯の色はもちろん、大きさ・形を整えるセラミック治療の1つです。
歯を削って被せ物を取り付けるセラミック治療と比べて、歯を削る量が少なくて済みます。

ラミネートべニアとホワイトニングの違い

ラミネートべニアとホワイトニングの違いラミネートべニアは、薄くではありますが歯を削り、そこにセラミックを貼り付けます。ですので、ホワイトニングで十分な効果を得られない症例であっても、セラミックで覆うことで自然な白さを演出できます。またそのとき、ある程度であれば、歯の大きさ・形を整えることも可能です。
ホワイトニングの場合は、天然歯そのものを白くします。歯を削る必要はありませんが、必ずしもご希望の白さになるとは限りません。
言い換えれば、「目的が“歯の白さ”だけで大きさや形は問題がなく、ホワイトニングの適応となる方」は、まずはホワイトニングを試してみるのが良いでしょう。

ラミネートべニアはこのような方におすすめ

ホワイトニングの適応外と診断された方

ホワイトニングの適応外と診断された方テトラサイクリン系の抗生物質による歯の変色、神経を除去したことによる歯の変色は、ホワイトニングの適応外(漂白効果が期待できない)となります。ラミネートべニアであれば、そういった症例でも歯を白くすることができます。

ホワイトニングを試してみたけれど十分な効果が得られない方

ホワイトニングは、どうしても効果に個人差が生じます。必ずしも、理想的な白さになるとは限りません。ラミネートべニアであれば、歯質に関係なく、ご希望の白さに仕上げることができます。

セラミッククラウンなどの被せ物には抵抗がある方

ラミネートべニアは、セラミッククラウンで歯の白さを取り戻す治療と比べて、歯を削る量が少なくて済みます。

歯の色とともに、前歯の大きさや形も気になる方

ホワイトニングで十分な漂白効果が得られる場合でも、歯の大きさや形、歯並びまでは改善できません。ラミネートべニアであれば、白さと共に、前歯の大きさや形まで、一定程度の改善が可能です。(歯の大きさや形の改善については、セラミッククラウンを使った治療の方がより大きな効果が期待できます)

ラミネートべニアのメリット・デメリット

メリット

ラミネートべニアのメリット・デメリット

  • 歯の白さとともに、歯の大きさ・形の一定程度の改善が可能
  • 歯を削る量が少ない
  • 金属アレルギーの心配がない

デメリット

  • 歯を削ることに抵抗がある方にはおすすめできない
  • 強く噛み合う部位(奥歯など)には使用できない
  • 強い力がかかったときに割れることがある
  • 自費診療になる

ラミネートべニアができない場合

以下のような場合は、ラミネートべニアによる治療ができないことがあります。適応となるかどうか分からないというときには、一度ご相談ください。

  • 強い歯ぎしり、食いしばりの癖がある
  • 対象となる歯に大きな虫歯、詰め物がある

ラミネートべニアの費用

ラミネートべニア(1本) ¥100,000

ラミネートべニアの費用

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ
くすべ歯科オフィシャルサイト 予防歯科専門サイト インプラント専門サイト 入れ歯専門サイト