歯と歯茎の境目が黒い・茶色の原因とピンクにする方法

  • ホーム > 
  • 歯と歯茎の境目が黒い・茶色の原因とピンクにする方法

歯と歯茎の境目が黒い・茶色くなっている

歯と歯茎の境目が黒い・茶色くなっている歯の付け根の歯茎の色が気になる、ということはありませんか?
黒っぽくなっていたり、茶色っぽくなっていることで、見た目にコンプレックスを抱えている方も少なくないようです。
原因を取り除くことで改善することも可能です。一度ご相談ください。

健康な歯茎の状態とは

健康な歯茎の状態とは鏡で歯の色などを確認することはあっても、歯茎の状態を見ることはあまりないかもしれません。歯と同じように、歯茎の状態もときどきチェックしてみてください。
健康な歯茎には、以下のような特徴があります。

  • 薄いピンク色をしていて、色ムラが少ない
  • 歯との境目の段差が少ない
  • 引き締まっている
  • 歯磨きをした程度では出血しない
  • 歯と歯のあいだにきれいな山(三角)がある

歯茎の境目が黒くなる原因

メラニン色素の沈着

メラニン色素の沈着メラノサイトという組織が、肌や歯茎を紫外線などの刺激から守るためにメラニン色素を産生します。このメラニン色素の影響で歯茎の黒ずみを引き起こすことがあります。なお、この現象は誰にでも起こり得ることであり、害ではありません。

口腔内の金属

詰め物や被せ物、コアなどに使用される金属が溶け出し、歯茎が黒く変色していきます。

喫煙習慣

タバコに含まれるタールの付着や、ニコチンによる血流の阻害により歯ぐきが黒ずんでいきます。

歯周病

最初の段階では歯茎が赤く腫れますが、さらに進行すると歯茎が黒や紫のような色に変色していくことがあります。

差し歯の金属とアレルギーリスク

お口の中に使用した金属は、常に水分(唾液)にさらされることになります。あわせて、食べ物・飲み物からも刺激を受けます。このことで、金属の溶け出しが起こり、金属アレルギーや歯茎の黒ずみが生じます。
こういったリスクを避けるためには、お口の中に金属を使用しないこと、またすでに使用している場合には非金属の材料(セラミック等)に交換することが大切になります。現在症状が出ていない場合でも、金属を長く使用するほど、発症の可能性が高まります。

歯茎の黒ずみを治すには

メラニンの除去

メラニンの除去お薬と歯科用レーザーを組み合わせた方法などでメラニンを除去し、歯茎の黒ずみを改善することが可能です。

ガムピーリング

フェノール液というお薬を歯茎に塗布し、一時的に火傷のような状態をつくる方法です。その後、1~2週間できれいな歯茎が現れます。

セラミック治療

お口の中の金属が原因の場合は、原因となる金属を取り除き、セラミックなどの金属を使わない素材で治療をすることで黒ずみが改善されていきます。

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ
くすべ歯科オフィシャルサイト 予防歯科専門サイト インプラント専門サイト 入れ歯専門サイト