銀歯にしたくない奥歯の治療

  • ホーム > 
  • 銀歯にしたくない奥歯の治療

奥歯を銀歯にしたくない・銀歯を白い歯に替えたい

奥歯を銀歯にしたくない・銀歯を白い歯に替えたい見た目の問題や金属アレルギーを心配され、セラミックでの治療をご希望される方が増えています。
奥歯の金属も、前歯ほどではありませんが、やはりお口を開けたときには目立ちますし、当然、金属アレルギーのリスクが生じます。
虫歯治療で奥歯に金属を使用したくない、奥歯の銀歯を白い材料に変えたいという方は、くすべ歯科にご相談ください。

保険の銀歯は日本だけ?

保険の銀歯は日本だけ?国民皆保険制度によって、日本では誰もが一定以上の治療を、保険診療で受けることができます。ただ、保険診療で治療を行うためには厳しい条件があり、使用できる材料が限定され、特に強度が必要な場合には金属が使用されます。
一方国民皆保険制度がない海外では、歯科用プラスチックかセラミックの2択になることがほとんどです。歯科用プラスチックに不満があるという場合には、基本的にセラミックを使用します。
世界的に見ても、銀歯を「当たり前」と認識している日本は珍しい存在だと言えます。

保険の銀歯と金属アレルギー

保険の銀歯と金属アレルギー保険で使用される銀歯は、金属アレルギーを発症させる原因になることがあります。お口の中の水分(唾液)によって金属が溶け出し、イオン化して身体の中に蓄積していき、発症に至ります。
審美面・機能面だけでなく、健康を守るためにも、できる限り金属を使用しない治療を受けることをおすすめします。

奥歯を白い歯にするには保険治療と保険外治療の方法がある

「保険診療=必ず銀歯」というわけではありません。
保険診療で白い被せ物を取り付けることも可能です。ただ、いかなる場合でも適用されるわけではありません(保険診療には必ず条件があります)ので、ご希望の方は受診されたときにお気軽にお尋ねください。
ご予算を含めたご希望に、できる限りお応えします。

奥歯の銀歯を白くする治療法

保険の詰める治療(レジン)

保険の詰める治療(レジンコンポジットレジンと呼ばれる歯科用プラスチックを、虫歯を削った後に直接詰める方法です。

保険のかぶせる治療(CAD/CAM冠)

保険のかぶせる治療(CAD/CAM冠)CAD/CAMシステムを搭載したコンピュータで設計・作製する被せ物です。
セラミックと歯科用プラスチックを混合した「ハイブリッドセラミック」という材料が使用されており、純粋なセラミックほどではありませんが、白く美しく仕上がります。
第1小臼歯、第2小臼歯・第1大臼歯を対象とした治療であれば、健康保険が適用されます。(細かな適用条件がございますので、まずは一度ご相談ください)

保険外のセラミック治療

保険外のセラミック治療天然歯と見分けがつかないほどの審美性、虫歯・口臭など口腔トラブルのリスク削減、白さ・形の長期安定性と、「美しく身体に優しい白い(奥)歯」を高いレベルで実現できる治療です。

当院で行う金属を使わない奥歯の治療

オールセラミック

オールセラミックセラミックだけで作る被せ物です。現状、もっとも美しく仕上がる被せ物と言えるでしょう。

ジルコニアセラミック

ジルコニアセラミックオールセラミックに次ぐ美しさが再現されます。人工ダイヤモンドとも呼ばれるジルコニアは、負担のかかりやすい奥歯にも安心して使用できます。

セラミックインレー

セラミックインレーセラミックで作るインレー(詰め物)です。天然歯との境目も自然に仕上がります。また、長く使っても隙間ができず、変色もありません。

e-max

ニケイ酸リチウムガラスを使用した被せ物です。自然な透明感と優れた強度を持つため、部位を選ばずに使用が可能です。

ファイバーコア

ファイバーコアコアとは、被せ物治療の際に必要になることがある土台のことです。
保険診療では金属のコア「メタルコア」が使われますが、硬度が高すぎて、逆に支台歯やセラミックが割れてしまうことがあります。
グラスファイバー製の白い「ファイバーコア」であれば、適度な柔軟性があるため、支台歯やセラミックを守ってくれます。また、メタルコアのように被せ物から透けて見えることもありません。

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ
くすべ歯科オフィシャルサイト 予防歯科専門サイト インプラント専門サイト 入れ歯専門サイト