強度が強く割れにくい歯にしたい方必見!ジルコニアの特徴と値段

  • ホーム > 
  • 強度が強く割れにくい歯にしたい方必見!ジルコニアの特徴と値段

割れにくいセラミックの歯「ジルコニアオールセラミッククラウン」

人工ダイヤモンドとして知られる「ジルコニア」を内側に、セラミックを外側に使用したクラウン(被せ物)です。
オールセラミッククラウンの唯一の欠点とも言える“割れやすさ”を改善しているため、強い力のかかる奥歯にも安心して使用できます。また、自然な美しさという点でも、オールセラミッククラウンに次ぐレベルを維持しています。

ジルコニアという素材について

ジルコニアは、セラミックの1種です。圧倒的な強度を持ち、近年はその審美性にも磨きがかかっていることから、詰め物・被せ物としてさまざまな部位に使用されています。

歯茎が黒くならない、体に優しい治療

詰め物や被せ物に金属を使用していると、その溶け出しによって歯茎が黒くなることがあります。ジルコニアオールセラミッククラウンには一切の金属が使用されていませんので、歯茎の黒ずみを心配する必要はありません。
また、金属アレルギーのリスクもなく、お口と身体の両方に優しい被せ物と言えるでしょう。

保険の銀歯と歯茎の黒ずみ・体へのリスクについて

保険が適用される虫歯治療の場合、銀歯が使用されることがあります。銀歯は、その金属の溶け出しによって歯茎が黒くなったり、金属アレルギーを発症したりする原因になります。
金属アレルギーは、よく知られている肌荒れや痒みの他、頭痛や肩こりなどの不定愁訴として発症することもあります。
これまでに金属アレルギーの発症をしたことがないという方も、銀歯を使用している限りは、将来的な発症の可能性が残ります。

ジルコニアはこのような場合におススメ

ジルコニアは、その高い強度から、奥歯に使用されることが多くなります。 オールセラミッククラウンと比べると、割れる可能性はかなり少なくなります。安心して長く使用したい、現在の奥歯の銀歯をセラミック系の材料に交換したいという場合には、特におすすめできる材料です。

ジルコニアセラミッククラウンのメリット・デメリット

メリット

奥歯にも安心して使用できる

高い強度を誇るため、強い力のかかる奥歯にも安心して使用できます。

高い審美性を維持したい

外側をセラミックで覆うため、オールセラミッククラウンに次ぐ高い審美性を再現できます。

品質が長期にわたって安定する

結晶構造が緻密な材料であるため、長く快適にご使用いただけます。隙間も生じにくく、虫歯・歯周病・口臭などのリスクを抑えられます。

金属アレルギーの心配がない

金属を一切含まず、高い生体親和性を持つため、お口と身体に優しい材料と言えます。

デメリット

割れてしまう可能性はゼロではない

高い強度を持ちますが、割れてしまう可能性がまったくないというわけではありません。

歯を大きく削る必要がある

やや歯を削る量が多くなります。

自費診療になるため高額

ジルコニアを含め、セラミックを使用する治療は自費診療となります。

 

ジルコニア治療に注意が必要な場合

歯ぎしり・食いしばりは、ジルコニアにとっても大敵となります。こういった癖がある場合には、マウスピースを使った歯ぎしり・食いしばりの改善をおすすめします(スプリント療法)。また、噛み合わせの調整によって、歯ぎしり・食いしばりを改善できることもあります。

 

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ
くすべ歯科オフィシャルサイト 予防歯科専門サイト インプラント専門サイト 入れ歯専門サイト