セラミックの歯で後悔しないために知ってほしいメリット&デメリット

  • ホーム > 
  • セラミックの歯で後悔しないために知ってほしいメリット&デメリット

セラミック歯のデメリットをご存知ですか?

セラミック歯のデメリットをご存知ですか?優れた点が多くそれゆえに人気の高いセラミックですが、欠点のない万能な材料というわけではありません。
当院では、メリットだけでなく、デメリットについても十分にご理解いただいた上で、セラミック治療を提供しております。

セラミック歯のメリットとは?

自然な白さを再現できる

自然な白さを再現できる天然歯と見分けがつかないほど、美しく仕上げることができます。

金属アレルギーのリスクがない

金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配がありません。

歯茎への着色がない

金属を使った治療では起こり得る、金属の溶け出しによる歯茎への着色がありません。

二次虫歯・口臭・歯周病のリスクを抑えられる

プラークが付着しにくく、長期使用による変形もないため、二次虫歯・口臭・歯周病のリスクが抑えられます。

セラミック歯のデメリット①

”割れる可能性がある”

セラミック歯のデメリット①割れる可能性がある通常の範囲で食べ物を噛むのであれば問題はありませんが、強い衝撃を受けたときなどに、割れてしまうことがあります。
機能的な面での唯一のデメリットと言えるでしょう。

セラミック歯のデメリット②

”保険外治療”

セラミック歯のデメリット②保険外治療セラミックを使った治療は、保険外治療となります。
保険での治療と比べると高額です。

セラミック歯をおすすめしない場合とその対策

セラミック歯をおすすめしない場合とその対策セラミックは、歯ぎしり・食いしばりがある方には、おすすめできないことがあります。これらの癖によって、セラミックが割れてしまうことがあるためです。
ただ、歯ぎしり・食いしばりの改善は可能ですので、そこがクリアできればセラミック治療の適応にもなります。
まずは一度、ご相談ください。

歯ぎしり・食いしばりの癖がある方へのセラミック治療

歯ぎしり・食いしばりの癖がある方へのセラミック治療セラミックには、いくつかの種類があります。そのうち、群を抜く硬度を持った材料としてよく知られているのが「ジルコニア」です。歯ぎしり・食いしばりの癖がある方に、このジルコニアをおすすめするケースもあるようです。

ただ、ジルコニアを使用しても、歯ぎしり・食いしばりの癖が治るわけではありません。ジルコニアそのものは割れなくとも、今度は咬み合う天然歯がすり減るなどしてダメージを負うことになります。

そのため、当院では歯ぎしり・食いしばりという、根本的な原因を排除するための治療を行います。顎回りの筋肉の緊張を軽減したり歯のすり減りを予防するマウスピースによる治療(スプリント療法)、咬み合わせ改善などがその代表です。

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ
くすべ歯科オフィシャルサイト 予防歯科専門サイト インプラント専門サイト 入れ歯専門サイト