奥歯には銀歯とセラミックどっちがいい?

  • ホーム > 
  • 奥歯には銀歯とセラミックどっちがいい?

銀歯とセラミック治療で迷っている方へ

銀歯とセラミック治療で迷っている方へ虫歯治療では、歯を削った後、詰め物や被せ物を取り付けることになります。
その際、詰め物や被せ物は、保険診療または自費診療の材料から選択することになりますが、奥歯の場合はどちらを選択すべきなのでしょうか。
それぞれの特徴を知った上で、ご自身に合った治療を選択しましょう。

銀歯は目立つ?

奥歯は、前歯ほど頻繁に人の目に触れる歯ではありません。しかし、笑ったときにはキラリと光って見えてしまいます。人の銀歯を見て「あ!」と思ったことはありませんか?
「気にする・気にしない」という感覚には個人差がありますので、まずはその点をしっかりとご判断されることをおすすめします。

セラミック治療の種類

オールセラミック

オールセラミック自費診療の詰め物・被せ物の材料としてもっともよく知られていますね。
詰め物にしても被せ物にしても、天然歯と見分けがつかないほど美しさが再現されます。
プラークが付着しにくく、虫歯・歯周病・口臭のリスクが抑えられ、なおかつその白さも長期にわたって維持されます。

ハイブリッドセラミック

セラミックと歯科用プラスチックを混合した材料です。
審美性や機能性の面では、やはりオールセラミックには敵いません。ただ、その分やや費用が抑えられます。

ジルコニア

人工ダイヤモンドとも呼ばれる、セラミックの一種です。
オールセラミックに次ぐ美しさを持ちながら、奥歯にも安心して使用できる硬度を持ちます。
詰め物でも被せ物でも、奥歯への使用にうってつけの材料です。

e-max

ニケイ酸リチウムガラスセラミックを主成分とした材料です。
セラミックの中でもトップクラスの自然な透明感を誇ります。また、前歯にはもちろん、奥歯への使用に耐えうる耐久性を持ちます。

保険の銀歯について

保険の銀歯について保険診療となり安価に作製できる点は、銀歯を使用することの最大のメリットと言えるでしょう。まず割れることのない硬度を持ちますが、これはデメリットとも捉えられます。噛み合う歯の摩耗を早めてしまうためです。
また、長く使用するほど金属の溶け出しが進み、金属アレルギーや歯茎の黒ずみを招くことがあります。金属の溶け出しはその詰め物・被せ物の形を変えてしまうため、隙間や段差が生じ、虫歯や歯周病、口臭などの原因となります。
審美面では、やはりセラミックなどの白く美しい材料と比べると、劣っていると言わざるを得ません。

このように、安価という1点のメリットはありますが、お口や身体の健康に悪影響を及ぼす可能性があること、見た目の欠点のことを考えると、できる限りセラミックなどの非金属の材料を選択されることをおすすめします。

銀歯をセラミックの歯に交換

銀歯をセラミックの歯に交換

意外とご存じない方が多いのが、銀歯からセラミックへの交換が可能ということです。
近年、金属アレルギーなどの健康面や審美面での懸念から、セラミックに交換される患者様が増えています。
これまで銀歯を使ってきて特に異常はないという方も、金属イオンは徐々に蓄積されるものですので、金属アレルギーの発症が今後ないとは言い切れません。
金属の詰め物・被せ物からセラミックへの交換をお考えの方は、一度当院にご相談ください。

奥歯のセラミック治療のデメリットは価格

奥歯のセラミック治療のデメリットは価格セラミック治療はすべて自費診療となります。そのため、保険診療で使用する銀歯と比べると、費用は高額になります。
ただ、先述したようなメリットの大きさも十分にご理解いただき、できるだけ、セラミックでの奥歯の治療を選択されることをおすすめします。

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ
くすべ歯科オフィシャルサイト 予防歯科専門サイト インプラント専門サイト 入れ歯専門サイト