歯が痛くて眠れない原因と治療法

  • ホーム > 
  • 歯が痛くて眠れない原因と治療法

歯が痛くて眠れない原因

ズキズキする痛み

虫歯が進行して歯髄(神経や血管)にまで達し、「歯髄炎」を起こしている可能性があります。

歯の周りが痛い

虫歯が進行し、根管内で繁殖した虫歯菌が、歯の根の先で炎症を起こす「根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)」の可能性があります。

歯ぎしり・食いしばりによる歯の痛み

歯ぎしり、食いしばりによって、歯周組織の痛み・炎症などを起こす「咬合性外傷(こうごうせいがいしょう)」に伴う痛みです。

親知らずによる痛み

斜めに生えたり、隣の歯を押すなど、親知らずを原因とした「智歯周囲炎(ちししゅういえん)」の可能性があります。

歯以外が原因で起こる痛み

あごの筋肉の痛み

顎の筋肉に疲労が溜まると、痛みが生じます。これを“歯の痛み”として認識してしまうことがあります。

頭痛からくる歯の痛み

偏頭痛、群発性頭痛などの頭痛によって、歯に痛みが生じることがあります。

副鼻腔炎が原因の歯の痛み

副鼻腔炎などの鼻の病気を原因として、上顎洞に痛みが生じます。その痛みを、“歯の痛み”と認識してしまうことがあります。

ストレスが原因の歯の痛み

ストレスも、神経のシステムを乱したり、免疫力の低下を招き、歯の痛みの原因になることがあります。

歯が痛くて眠れない時に自分でできる応急処置

鎮痛剤を飲む

市販されている鎮痛剤を服用する方法です。

痛い部分を冷やす

氷水を口に含んだり、口の外から氷まくらを当てるなどして冷やすと、痛みが軽減します。

ツボ押しを試してみる

歯痛点(しつうてん)、合谷(ごうこく)、下関(げかん)、下頬車(きょうしゃ)といったツボを押す方法も、補助的な応急処置として有効です。

歯ブラシなどで口の中の汚れをとる

食べかすが歯のあいだに詰まって痛んでいることがありますので、まずはセルフケアで口の中をきれいにすることが大切です。デンタルフロスや歯間ブラシ、洗口液なども併用しましょう。
炎症を原因としている場合には、これだけで症状が和らぐこともあります。

歯が痛くて眠れない時にしない方が良いこと

入浴、飲酒は、いずれも血行を促進し、神経を圧迫することになりますので、歯が痛くて眠れない夜には避けてください。シャワー程度でしたら構いません。
また、喫煙は歯や歯茎を刺激し、症状を悪化させるおそれがあります。

応急処置で痛みが解消されても翌日には受診しましょう

応急処置で症状が改善されたとしても、根本的な問題が解決されたわけではありません。
翌日には、必ず歯科医院を受診するようにしてください。

TEL:072-493-8001メールでのお問い合わせ
くすべ歯科オフィシャルサイト 予防歯科専門サイト インプラント専門サイト 入れ歯専門サイト